リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : Raymond Chandler  村上 春樹 
  • 早川書房
3.53
  • (13)
  • (42)
  • (42)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 426
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150704636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カンサスから来た田舎娘、オーファメイから失踪した兄を探してほしいと依頼された私立探偵のフィリップ・マーロウ。
    マーロウは彼女の言動のちくはぐさに興味を抱き、彼女の差し出した虎の子の20ドルで特別に依頼を受ける。
    ところが、事件は見かけほど単純ではなかった。
    兄が住んでいたアパートを訪ねるが部屋にいたのは別人で、さらに管理人は首をアイスピックで刺されて殺されていた。
    あるホテルに呼び出されたマーロウはそこでサングラスで顔を隠した女に襲撃され、彼を呼び出したチンピラの男がまたもやアイスピックで殺されていたのだ。
    マーロウの行く先々に死体が転がり、事件はすべてハリウッドの映画界との繋がりが…。
    金と愛欲にまみれた映画の都を舞台に孤軍奮闘するマーロウの活躍を描いた1949年発表のシリーズ第五作目。
    清水俊二訳で長年親しまれた「かわいい女」を村上春樹がタイトルも新たに新訳。


    いやぁ~、実に四半世紀ぶりにチャンドラー熱がぶりかえした。
    それもこれも村上春樹の魅力的な新訳のおかげだ。
    それにしてもチャンドラーが紡ぐ文章の味わい深さとその抗えない吸引力はほとんど麻薬のよう。
    一度その魅力にハマると
    次から次へと際限なくその味わいを欲してしまう。

    チャンドラーの長編は冒頭の書き出しとラストの締め方が
    どの作品も秀逸なのだけど、本作も然り。
    なけなしの20ドルで兄を救って欲しいと
    「リトル・シスター」であるオーファメイという若い女性の切実な依頼に
    報酬を問題とせず引き受ける
    気概あるマーロウが実にカッコいい。
    (手塚治虫の「ブラックジャック」の原型はもしやフィリップ・マーロウなのかも笑)

    一旦小説家を辞め、ハリウッドでシナリオ作家に転身した経験をフィードバックして書かれた本作は
    以前の作品と比べ映画的なカメラ視点が効果的に取り入れられ、
    映画の都、ハリウッドを舞台にしたショウ・ビジネスの裏側を硬質な文体で暴いていく。

    依頼を受け、早速調査を開始するマーロウだったが、たった二日の間に
    ホテルで謎の女に銃を突き付けられ、死体を発見し、
    麻薬入りの煙草を吸わされ、死体にアイスピックで殺されかけ、
    女優に強請られ、依頼人に罵声を浴びせられ、警察に尋問をかけられ疲労困憊する。

    それにしても本作はチャンドラー自らが失敗作だと語るように
    正直何度読んでもストーリーが分かりずらい(笑)
    複雑に入り組むプロットに惑わされ、読み終えた今も犯人や動機の点でいまいち腑に落ちない。
    原文に忠実でいて現代の日本語にスマートに翻訳することに定評のある村上春樹の腕をもってしても、そこは改善されていなかった。

    普通の探偵小説やミステリーは
    本筋の事件が最初から設定されていて、それを探偵役が紐解いていく構造だ。
    しかしチャンドラーの小説はもともと
    本筋の事件など最初から設定されていないのである。
    最初にマーロウが係わり合う事件は殆どが横道の事件の連続であり、いくつかの派生的な事件に引きずられていくうちに、隠された真の事件にぶつかる。
    つまり本筋がどこにあるのか、一見して分からない構造こそがチャンドラーの小説のカラーであり、
    王道ミステリーに慣れた人にとっては読みにくさを感じる要因なのだと思う。

    しかし、村上春樹の解説にもあるように、
    だからといって本作が読むに値しない駄作だとは僕には思えない。

    何度となくレビューで書いてきたように
    チャンドラーの小説の魅力は 
    プロットよりも豊潤な文体にあり、
    生き生きとした個性豊かな登場人物たちと主人公マーロウとの会話文や
    シニカルなマーロウの一人語りにこそあるのだ。

    本作で言えば、田舎娘オーファメイのミステリアスで掴みどころのなさが
    旧タイトルである「かわいい女」に繋がったのは間違いないし、
    (実際マーロウが世話を焼きたくなるほど、放ってはおけない妹的魅力を撒き散らしてるし、実は裏のある人物なのにどこかチャーミングに思えてしまう不思議な魅力を放っている)

    下層階級から栄光を夢見てハリウッドを這い上がってきた
    メイヴィス・ウェルドとドロレス・ゴンザレスの二人の女優たちの哀切さと
    罪は罪として憎みながらも
    どこかで彼女たちにシンパシーを覚え、赦す姿勢を見せるマーロウの葛藤こそが、本作の読みどころだろう。
    (そう、いつもいつも金にならない仕事を引き受け、信じた女性に裏切られ続ける哀れなマーロウ…)


    最後に、
    本作には映画の街、ロサンジェルスの光と影が
    チャンドラーの他の作品よりも色濃く感じる。
    無計画な都市開発のため悪徳と荒廃が進行する新興都市ロサンジェルスを
    『何でもあるが、ことごとく下らない』と、
    ことあるごとに皮肉めいた口調でこき下ろしてきたマーロウだが、
    その言葉の裏には必ず
    慣れ親しんだロサンジェルスやカリフォルニアへの愛や未練があり、
    愛憎半ばする心情が溶け込んでいるのが分かる。

    『私は夜の空気の中に足を踏み出した。今のところまだ誰も、夜の空気を商品登録するところまでは至っていない。しかしおそらく多数の人間が試みているはずだ。そのうちになんらかの方策を見出すことだろう』

    という何気ない描写にも
    「我が街」ロサンジェルスの夜の空気だけは
    誰にも変えられたくないというマーロウの複雑な心情が垣間見えて切なくなる。

    ということで村上春樹のマーロウシリーズの長編、新訳版も
    あと残り二冊。
    次は最もミステリー色の濃い「湖中の女」かな。


    ちなみに1969年に製作された映画版『かわいい女 Marlowe』では、
    スティールグレーブが差し向けた殺し屋役で
    まだブレイク前の若きブルース・リーがちょこっと出演していて、
    事件から手を引けとマーロウの事務所を容赦なく破壊しまくる(笑)。
    時間は短いもののかなりインパクトのあるシーンなので
    興味のある人は小説と併せてどうぞ。
    (マーロウに扮するはジェームズ・ガーナー)


    ★あの怪鳥音もハイキックも見応えあります!
    『かわいい女 Marlowe』ブルース・リー出演シーン↓
    https://www.youtube.com/watch?v=xeWwMLH654Q&feature=youtube_gdata_player

    • kwosaさん
      円軌道の外さん

      お元気ですか。久しぶりにコメントしてみました。またお話ができると嬉しいです。
      円軌道の外さん

      お元気ですか。久しぶりにコメントしてみました。またお話ができると嬉しいです。
      2017/02/05
  • ニヒルでタフな私立探偵、フィリップ・マーロウのシリーズを村上春樹さんの新訳で。マーロウは高潔でも頭が切れるタイプの探偵ではなく、とても男臭く、でも子どもっぽさがあるアウトローな探偵です。解説にもありますが、チャンドラー自身もこの作品を酷評しているように、結構ずさんな内容で、?と思うシチュエーションが見られました。とはいえ、マーロウが魅力的で、胡散臭い女がやっぱりなしたたかさでした。アイスピックによる殺しの手口は、必殺仕事人的な青豆のようであります。

  • チャンドラー長編も4作目。これまた話が複雑だし、人間関係が込み入っていてわからない。ただやっぱり情景描写は細かいし、刑事との会話とか、俺は38歳にもなってなんでこんなことしてんだ、みたいな思わず心情を吐露するとこなんて、マーロウの人間性を余すところとなく伝わる。どんなピンチにおいても気の利いたジョーク(へらず口?)が飛び出すタフなマーロウ、最高です。

  • マーロウ節が終始堪能でき、読み終わったあとしばらく言動がタフになりがち。

  • ほのめかしと洒落た言い回しで進んでいく上にこの本はプロットが特別複雑で、読み終わっても事件の内容は全然掴めてないんだけど、チャンドラーはいつも魅力的なんだよなぁ。
    途中にはオーファメイ・クエスト=実はお姉さんで、化けてるんじゃないかと疑いました(笑)

  •  解説で春樹が書いているとおり、話のつじつまが合わなかったり、分かりづらかったりするけれど、マーロウ節はいつものとおり。皮肉とか、人をちゃかしたおしゃべりは読んでいて楽しい。(笑 性格悪い人みたい…)
     でも、おはなしはなんとなく地味なかんじだったかな?

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なんとなく地味なかんじ」
      雰囲気を楽しんで気分に浸ってください。

      それから話し変って、早く「大いなる眠り」文庫にならないかなぁ~(単行本...
      「なんとなく地味なかんじ」
      雰囲気を楽しんで気分に浸ってください。

      それから話し変って、早く「大いなる眠り」文庫にならないかなぁ~(単行本は2012.12.7発売予定です)
      2012/11/30
    • ᑦᑋªᐢrioさん
      例えば、ただただ日常のことをつらつら綴るような一見「地味なおはなし」もスキなのですが、フィリップ・マーロウには、それは求めなかった〜(>_<...
      例えば、ただただ日常のことをつらつら綴るような一見「地味なおはなし」もスキなのですが、フィリップ・マーロウには、それは求めなかった〜(>_<)という感想でした。

      「大いなる眠り」、楽しみですね。文庫化待ち遠しい〜☆
      2012/12/05
  • 春樹版チャンドラー三作目。三作も読むと村上春樹の魅力の原点はやはりチャンドラーから来ているのだなと感じた。訳者も言っているが、内容云々ではなくマーロウ節を愉しむべきだと。内容が複雑で些か読むのに時間が掛かってしまった…まあ面白かった^^ 星三つ半。

  • 「行方不明の兄オリンを探して欲しい」と若い娘がマーロウの事務所を訪れた。


    2016.8.25発行 村上春樹訳 ハヤカワ文庫

  • お気に入りの私立探偵フィリップ・マーロウシリーズ。
    今回のはとても登場人物が多く、話も込み入っていてシリーズの中でも分かりにくい作品でした。
    毎回マーロウは損な役回りをさせられていますが、今回も同様、それ以上かもしれないです。何とか探偵免許は剥奪されなかったのと別ルートで報酬もらえたのが救いかな。
    それにしても依頼者のオーファメイが気にくわないな。
    チャンドラーの作品は男性と女性の書き方に差がありますが、女性の闇を見せられた気がしました。
    読後のスッキリ感が薄いですね。
    ウイスキーで流し込んで胃袋の底に落としこみたい作品でした。

  • マーロウものの中ではスレてる方らしいけど悪くない。寧ろいきいきと動くヒロイン(と言っていいのか)達に好感。

全39件中 1 - 10件を表示

リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫) Kindle版 リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫) レイモンド・チャンドラー
リトル・シスター ハードカバー リトル・シスター レイモンド・チャンドラー
リトル・シスター Audible版 リトル・シスター レイモンド・チャンドラー

レイモンド・チャンドラーの作品

リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする