大いなる手がかり (ハヤカワ・ミステリ文庫 13-12)

  • 早川書房
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150707620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 都筑さんのエッセイで、
    今読んでいる本を中断しても
    このシリーズの新作が届いたらそちらを読む、とあって
    心惹かれて、図書館で借りて、読んでみた。
    (不思議なほど、都筑さんの言いなりね、最近の貴女は…)

    吃驚するほど、とても面白い、面白い、面白い作品だ!

    そう思うと同時に、
    「そうなったらどうなると思う?!わかってる?」と
    もう一人の私が…

    そうなんです、このシリーズ
    嵌ったら抜け出せない、87分署地獄…
    一体何冊出ていると思うの?
    そう思って、気になり横目でチラチラ、
    それでも距離を置いていたのに…

    ほら、この本の後ろにも、一覧が…、
    ね、誰かが一覧の番号のところに丸をつけて、
    読んでいる、読んでいないって書いてる…って
    図書館の本を汚すな~!!

    このシリーズもやっぱり、トリックや犯罪心理や
    そんなものを真剣に追っかける作品ではなく、

    刑事課の人間模様が第一番でそこを注目する
    作品ね、了解!

    つまり「太陽にほえろ!」とか「あぶない刑事」
    みたいな感じで楽しめばよいのでしょ?承知、承知!
    (しばらくテレビが無い生活をしている為
    例えが古くてすみません)

    クロフツの「樽」もそうだけど
    男の人ばっかり出てきて、
    ゴリゴリ捜査したり、署内でもめたり、絆を深めあったり、
    そう言う刑事もの、だ~い好き!

    また、いっぱいいっぱい読まなくっちゃあ!
    あぁ~、忙し、忙し!

    粗筋は、そうしても問題なさそうなので、割愛~

  • 87分署シリーズ☆また事件の始まりはあなたですかっ( ロ_ロ)ゞなんか最後しんみりしてたけどよくわからなかった(笑)

  • 1960年発表
    原題:Give the Boys a Great Big Hand

全3件中 1 - 3件を表示

エド・マクベインの作品

ツイートする
×