もっとも危険なゲーム (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18-2))

  • 早川書房
3.64
  • (9)
  • (6)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150710521

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 38220

  • (たしか・・・)「陽が暮れる前に街を出て行け!」ショットガン、ズッガァー!!な西部劇ごっこに無邪気に戯れる茶目っ気たっぷりな主人公に、アマチュア・ハンターが仕掛けるマンハント!

  • 凍えた土地にある、静かに熱い男の話。操縦桿を握っている時の主人公は映画「ザ・シューター」あるいはウィレム・デフォーの「ハンター」のように黙々とした職人のようなイメージを抱かせるが、しかしそうでない時は過去を忘れさせる為に酒に溺れ、女に弱く、金に目がない。つまりそれはハードボイルドの教本に出てくるような素敵な男だということ。

  •  読み直すのは何度目になるだろうか。最初に読んだときにはわからなかったものが、何度も繰り返して読むうちに次々と見えてくるから不思議だ。
     ラストの決闘シーンは、久しぶりに読み返してみると案外あっさりしていて拍子抜けがした。むしろ、そこへおもむくまでの流れ、特に今までかすかに暗示されていた主人公の過去が、どんと形をあらわすあたりが強く印象に残った。
     自分が少しずつ年を取ってきて、どうやら(自分にとっての)未来のというのは有限らしいということがわかってくると、この作品の主人公の気分が、実感として伝わってくるようだ。何度でも読み返さなければいけない本らしい。

  • 北欧の某国境地帯。
    空と森で繰り広げられる男のゲーム。
    ガタガタ云わずに読むべし。

全5件中 1 - 5件を表示

ギャビン・ライアルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ハ...
ウンベルト エー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×