スパイの誇り―ランクリン大尉シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (636ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150710620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  確かにライアルの場合、初期の作品で考えてしまう。ずっと読み続けてきたけど、マクシム少佐シリーズあたりから少し読むのがおっくうになり、1次大戦あたりを背景にしたスパイシリーズを読むのは始めてである。
     長編というより、どちらかというと連作の中編集という趣がある。これも、ライアルの場合は初めてだから、そのような趣向であることに気がつくまで時間がかかった。実をいうと、なかなか夢中になれなくて、やっと作品の世界に入れたときには、この長い一冊を読み終わるところだった。どうも、ギャビン・ライアルという作家の場合、彼の作品はこうであって欲しいという願望が先に立ってしまって、それと照らし合わせて読んでしまっているようだ。
     おそらく作者が、連作を横切るテーマとして設定しているであろう、「スパイの誇り」、つまり一種のコンプレックスを含んだ主人公の苦さや、その中で自分の行為に誇りを持とうしていく過程などは、正直ぴんと来なかった。まだまだ始まったばかりのシリーズという気がして、やっと主人公がスパイという仕事になじんだばかり。物語はこれからだというように思う。
     ヒロイン、魅力的。主人公より周りの人の方がいい感じがする。特にライアルっぽい印象が強いのは、主人公よりその相棒の方である。
     まだ数冊書きつづられているようだ。読んでいくのが楽しみである。失望に変わる可能性も否定できないけど。

全1件中 1 - 1件を表示

ギャビン・ライアルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×