マローン御難 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 2-6)

  • 早川書房
3.53
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150715564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一応これで邦訳されてる長編のマローンシリーズは全11作を読んだことになるのかな。
    ライスの持ち味の「物語の冒頭から事件が起こって読者を鷲掴み」ってところは今回もバッチリですが、その後の話の展開のテンポがイマイチ。マローン自身に降りかかった災難ってネタでもあるので、前半はマローンが空回りぎみでなかなか話が進まず。
    ジェークとヘレンが登場してきて、お互いの情報を提示し始めた段階になってようやく話が見えてきますが、シリーズ10作の長編を読んできている目から見ると、今までのパターン内に収まってしまっている印象。(まあ、ライスらしい話の展開なので、それはそれで『安定感』とも言えますが)
    いつもの3人組が一緒に登場するシーンも少ないので軽妙洒脱な会話の応酬が少ないのも物足りない。
    なんかマイナスな感想ばかりですが、他の作品に比べるとちょっと印象が薄いかなぁ、という評価です。

  • 2003年9月発行の新訳。
    もとは1957年発行の本。
    捜査がどこかのんびりしているが、古さは感じさせない面白さ。
    エスタプール家の娘が誘拐され、身代金の仲介を酔いどれ弁護士マローンが依頼されると街の噂。
    マローンが事務所に帰るとレナード・エスタプールの死体が。
    レナードの妻カルミーナは大変な美人だが、誘拐された連れ子のアルバータはいたいけな少女ではなかった!?
    陰謀に巻き込まれたまま帰らないヘレンを心配するジェーク。
    フォン・フラナガン警部をごまかしながら、賭博場のボスであるマックス・フックとも持ちつ持たれつ、右往左往しつつ、事件解決にもっていく。
    クレイグ・ライスは1908〜57年。ユーモアたっぷりのミステリが多数有り。

  • やはり、クレイグ・ライスのマローンシリーズは面白い。
    このお話での可愛げのない子供からや、そういえば野良犬に好かれるマローンのキャラクターって、私たち読者にもとても魅力的です(笑)

  • マローン、ヘレン、ジェイク、と言う言語に絶するようなお騒がせトリオが繰り広げる、てんやわんやの大騒ぎシリーズの一つです。
    「何か不愉快なことがおきようとしている」と言う予感におののきながら馴染みのバーから帰ったマローンは、事務所の床に依頼人の死体を発見する。依頼人は、誘拐された娘を取り戻すための仲立ちをマローンに頼むはずだった。例によって、ありとあらゆる事件や秘密や謎が、マローンめがけて降ってきます。さっさと謎を解かないと、マローン自身が誘拐犯と殺人犯にされてしまう!
    マローン最大の危機!

    このシリーズのドタバタぶりと楽しさは相変わらず。いつもよりは、ヘレンとジェイクの見せ場が少ないけれど、その分、誘拐された、「青い目に金色の巻き毛」のコマンディと言う少女が、傑作。
    殺人課のフォン・フラナガンをはじめ、いつもの楽しいメンバーも加わって、大騒ぎが繰り広げられます。
    「マローンは何でも知っている〜♪」って、みんなが思ってるのに、今回ばかりはな〜んにも知らないマローンが、ほんまに、面白い。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

Craig Rice

「2006年 『ママ、死体を発見す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クレイグ・ライスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドロシー・L・セ...
ドロシー・L・セ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×