まるで天使のような (ハヤカワ・ミステリ文庫 41-4)

制作 : 菊池 光 
  • 早川書房
3.70
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150722043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 柿沼瑛子さんの「初心者のためのマーガレットミラー入門」を読んで、読みやすそうなのを選んでみた。彼女は奇跡のような作品、と書いていた。

    わたし、最後の行まで、気づいてなかった。驚いちゃった。いろいろと。
    なんとなく、推理小説にでてくる悪い側の人々って、無駄なく動いて失敗しないような気がしちゃってて、あんなに精神崩壊してるって思わなかったんだ。再び相対しても、わからないほどになってる、なんてさ。
    (悪い側、っていうのもざっくりだけどまあひとまず)


    そういう意味で、わたしが感じるリアルに近い人々がいる小説を書く人みたいだ、と思う。

  • 初マーガレット・ミラー。五十年前の作品なので、さすがに今読むとちょっと古いが十分面白かった。
    一文無しで山中に放り出されたクインは、新興宗教施設で宿を借りる。そこで一人の修道女に依頼され、町へ出てある男の消息を調べることになるが、その男は5年前に死亡しているという…
    探偵が田舎町で昔の事件をコツコツ調べていくという地味な話だが、登場人物それぞれの鬱屈した心理が迫ってきて読みやすく、ラスト3行には拍手。

全2件中 1 - 2件を表示

マーガレット・ミラーの作品

ツイートする