漂う殺人鬼 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 早川書房
3.56
  • (1)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150747244

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これはなかなか

  • このシリーズは表紙がいつもイギリスの風景写真だったのに今作は絵になっているのはなぜなんでしょう?前半の舞台がバースではなく、D警視がなかなか出てこないので今までと雰囲気が違い戸惑いました。シリーズも長く続いているし色々変化が必要なのだろうなあと思いました。作中のユーモアは健在で面白かったです。

  • サンノゼの紀伊国屋で購入。タイトルがやけに猟奇的で内容とあまり合っていませんね。作者名を見なかったら買わないところです。(原題はThe House Sitter )

    ピーター・ラブゼイと言えば、もちろん「偽のデュー警部」や「マダム・タッソーがお待ちかね」などで有名なイギリス人ミステリー作家。デビューは1970年だそうなので、もう40年近く書いているんですね〜。「偽のデュー警部」は大好きですが、1980年代から90年代、リアル・タイムで読んでいたものはあんまり好きではなかったんです。それであまり期待せずに、でも「久しぶりだなあ!」と思いながら読んでみたところ、結構面白かった。導入部のエピソードがかなり詳しく書き込まれていて一気に引き込まれます。そしてミステリーにときどきあるように、そのエピソードは単なる挿話かと思ったら、そうでもなくて。犯人のどんでん返しぶりもいい感じ。私は、推理役の刑事や探偵自身が事件に巻き込まれるのが好きでなく、あくまでも脇役として推理に徹してもらいたいほうです。ダイヤモンド刑事も以前のシリーズでは、奥さんが犠牲になったり、刑事自身が物語の主役になっていたので、そのへんがちょっとなあと思っていましたが、今回の作ではバランスが取れています。

    人物描写、風景描写が細かい、正統的イギリス推理小説が好きな方にはお薦め。

  • ダイヤモンド警視シリーズ。帯の作者の顔がちょっと怖い。

全5件中 1 - 5件を表示

ピーター・ラヴゼイの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×