レイクサイド・ストーリー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : 山本 やよい 
  • 早川書房
3.54
  • (14)
  • (14)
  • (44)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書日:2018年2月5日-2月14日.
    Original title:Deadlock.
    Author:Sara Paretsky.

    冒頭から暫くはV.I.Warshawskiは独白が続きます。
    突然亡くなった従兄との回想に触れ、一人称が私であったので
    仲の良い従兄弟達である…。
    「パーティに出るの?あなたの車に乗せてくれない?
    わたしの姿が消えたって、みんな気づきもしないわ」
    とこの台詞がVickeyの口から出るまで、ずっと男性の独白だと思い込んでいました。

    きっと理路整然とした独白なので男性であると思い込んでしまった様です…。

    仲が特別良かっただけではなく、彼の体格と性格から自殺とは思えない。
    この強い思いから彼の死の真相の解明に彼女が果敢に取り掛かります。

    この調査の途中で路上で自身が運転する車に細工を仕掛けられて
    命を失いそうになる出来事も起きました。
    それから緻密に様々な人が交錯し
    事件の真相が除々に露わになる様がこの物語の面白い点です。

    様々な犯人を思い浮かべましたが
    真相が解明されるまで私自身では解らなかったので、
    この犯人探しを相当行う事もこの小説の面白さを倍加させます。

  • 30年前の作品なんですよね。

    よく考えると、携帯ではなく、電話応答サービスを使っていたりと、時代を感じさせるところはありますが、中身にふるさは感じさせません、むしろ、新鮮?

  • 穀物会社、二つの海運会社の人間が入り乱れ、かなり煩雑。車の事故も船の沈没も乗り越えて調査を進める主人公のタフネスは特筆もの。怪しいヤツが最後はやっぱり怪しかったという感じは否めないが。

  • いつも傷だらけのヴィク、頑張ってね!

  • V.I.ウォーショースキーが活躍するシリーズの第2弾です。
    今回は海運業界を舞台とした事件に、ヴィクが巻き込まれました。個性的な登場人物が多くて楽しかったですが、人物が多すぎて誰が誰だったか時々わからなくなって困りました。

  • 山本やよい訳 ハヤカワ文庫

    私立探偵、V.I.ウォーショースキーシリーズの二作目。

    アメリカとカナダの境の五大湖で、海運業を経営する船会社や穀物売買会社を舞台にする話。

    大きな船が行き来して、何社も船会社の経営が成り立つくらい、五大湖って広いらしい。

    あらためて地球儀を眺めると、やはりすごく大きな湖だった。

    アメリカでは、自分は探偵だと証明できるような、オフィシャルな身分証があるらしい。

    そんな身分が確立されているにもかかわらず、主人公は不法侵入して証拠を探したりもするのが、無茶で面白い。

  • 2011年12月30日読了。

  • 原題:DEADLOCK
    著者:Sara Paretsky
    訳者:山本やよい
    初版:1984(US),1986(JP)
    ハードボイルド、サスペンス
    V・I・ウォーショースキー・シリーズ第2弾
    五大湖の運送業界が舞台。
    何故殺されたのかという動機がメインで、良質のサスペンス。
    犯人と動機は途中で気付くが、終わらせ方が意外で最後がとても印象的。
    これは面白い。

  • 船舶輸送の細かい内容が自分には難しすぎたけど、楽しみながら最後まで読めた。ヴィクは相変わらず怪我が多くて痛々しい。犯人が死んでしまうのではなく、生きたままのほうが結末に爽快感があって良かったなー

  • 女私立探偵V・I・ウォーショースキーの活躍を描くシリーズ第2作

全13件中 1 - 10件を表示

レイクサイド・ストーリー (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

Deadlock カセット Deadlock サラ・パレツキー
Deadlock: Complete & Unabridged: A V.I.Warshawski Novel カセット Deadlock: Complete & Unabridged: A V.I.Warshawski Novel サラ・パレツキー

サラ・パレツキーの作品

ツイートする