ガーディアン・エンジェル (ハヤカワミステリ文庫)

制作 : Sara Paretsky  山本 やよい 
  • 早川書房
3.62
  • (8)
  • (10)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (585ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 隣人の友人が行方不明になり、死体となって発見される。近所の老婦人は入院中に飼い犬を処分され、息子と名乗る人物が後見人となっている。調査を進めるうちにこの2件は無関係ではなさそうに見えてくる。
    ストーリーより印象に残ったのが最後の元夫が自分の弱さを認めたこと。そしてヴィクに、2人がいい関係だった時もあったのだと思い出させたこと。こういう描写は日本の小説やドラマには滅多にないですね。昔読んだ小説の再読ですが、昔はそういうところに感じるものはなかったかもしれない。

  • V・I・ウォーショースキーのシリーズ第7作目。老人2人の変死と事故にはじまり、企業の犯罪を暴くまでを、丹念に描く。アクションも派手。

  • 女探偵ヴィク(V・I・ウォーショースキー)のキャラクターで読ませるハードボイルド風活劇

    曰く
    等身大のキャリアウーマン
    ウーマンリブ
    女性活躍大いに賛成
    差別反対

    すぐ発火する性格で
    バツイチ、子供なし、男関係自由
    ご丁寧に、家事嫌い強調
    ファッションに興味ありといえども、ままならない
    それは
    働けど実入りのことを考えないため、いつも貧乏

    ま、女性が読めば面白いし、痛快なことは請け合いだ

    昨夜も半分徹夜してしまって『ガーディアン・エンジェル』を読了
    だから早朝の散歩をサボってしまった

    『ガーディアン・エンジェル』はシリーズの7番目

    今までののシリーズは

    『サマータイム・ブルース』(1)
    『レイクサイド・ストーリー』(2)
    『センチメンタル・シカゴ』(3)
    『レディ・ハートブレイク』(4)
    『ダウンタウン・シスター』(5)
    『バーニング・シーズン』(6)
    『バースデー・ブルー』(8)
    『ヴィク・ストーリーズ』(短編集)

    上記をわたしも2002年から気長に読み進めているのだが
    下記のようにまだまだ続いている

    『ハード・タイム』(9)
    『ビター・メモリ』(10)
    『ブラック・リスト』(11)
    『ウィンディ・ストリート』(12)
    『ミッドナイト・ララバイ』(13)
    『ウィンター・ビート』(14)
    『ナイト・ストーム』(15)
    『セプテンバー・ラプソディ」(16)

    大体こういうものは必ずマンネリになるのである
    ここらへんでやめるかどうか思案している

    でも、夜更かしするほど面白かったのは確か

  • この本を読んでいた途中で実父を亡くしたため1年以上続きを読めずに過ごしました。
    かと言って本を読まなかったわけではなく、1年間ずっと「大草原の小さな家」シリーズを繰り返し読んでいました。
    悲しいとき、つらいときに、私の心が求めるのは「大草原」なんだなと改めて感じた1年間でした。

    だから余計に今回のストーリーの中で高齢者が多く登場するのが心に残り、ヴィクも歳をとっていくという描写にも敏感になってしまいました。

  • 8月5日

全6件中 1 - 6件を表示

ガーディアン・エンジェル (ハヤカワミステリ文庫)のその他の作品

1-B07RXZ7MXTの詳細を見る Audible版 1-B07RXZ7MXT サラ・パレツキー
Guardian Angelの詳細を見る カセット Guardian Angel サラ・パレツキー
Guardian Angel. [First Printing] ハードカバー Guardian Angel. [First Printing] サラ・パレツキー

サラ・パレツキーの作品

ツイートする