バースデイ・ブルー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : Sara Paretsky  山本 やよい 
  • 早川書房
3.63
  • (8)
  • (11)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (662ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753634

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達とか、親戚とか身近な(非常識な)人の依頼を承けることで、より大きな陰謀やら事件やらに巻き込まれ、命の危険にまでさらされる・・・。基本的には、そう言う流れの話なのがこのシリーズ。この作品もその例に漏れませんが、ラストが印象的ですね。今までのなかで一番好きかも。
    この作品で、一連のシリーズに変化が生じた気がします。次ぎはどうなるのか?

  • このシリーズの続き読むの、十数年ぶりだな( ´ ▽ ` )ノ。人物関係などみんな忘れてたけど、充分楽しめた( ´ ▽ ` )ノ。
    経済関係のオチはよく分かんなかったけど( ´ ▽ ` )ノ。
    初対面の四十女に大学生が恋するとか、いかにもおばさん作家の書きそうな妄想だね( ´ ▽ ` )ノ。
    肋骨にヒビ入ってるのに、猪突猛進をやめない比丘、タフというか狂ってるというか、まるでダイハードだね( ´ ▽ ` )ノ。
    飛行場シーンも映画みたいな迫力だけど、隠れてる主人公のそばで都合よく犯人がペラペラ喋ったり、ご都合主義だね( ´ ▽ ` )ノ。
    なんとかいう女史の解説、えらく大仰な文章で厨二病そのもの( ´ ▽ ` )ノ。読んでるこっちが赤面しちゃったよ( ´ ▽ ` )ノ。
    ブックオフであと3冊買ったけど、どれもこれも凄い厚みでビビっちゃってるよ( ´ ▽ ` )ノ。
    昔は大人気のシリーズだったのに、ブクログの書評は2本しかないんだね......諸行無常なり(>_<)。

    2015/10/05

  • 事件の真相についていけなかった。似たような登場人物が一気に登場するからだろうな。
    訳がわからないまま最後まで読みきったのは主人公の魅力のせいか。
    しかし、もてすぎだろう。

  • 内容が思い出せなくて再読。
    シリーズ8作目。
    40歳を前にしたヴィク。
    事務所が入っているビルは取り壊しを前提に、管理人がもはや何もしてくれないという状態で、孤軍奮闘。
    安い賃料のところにいるしかない状態だったのだ。
    大事な年上の友人ロティを前作で危険に巻き込み、ぎこちない関係が続いている。
    警官の恋人コンラッド・ローリングズとはいちおう上手くいっていて、家族の集まりに招かれたりはしている。
    だがヴィクが白人なので、黒人一家の母親には強く反対されている。
    コンラッドには、父を早く亡くした家の長男でただ一人の男子という立場もあった。

    住んでいるビルの地下で、ホームレスの母子を見つけたヴィク。
    警察に連絡すれば逃げてしまうと思われ、対応に苦心する。
    ホームレス救済組織に相談するが…

    大学の同窓生で教授にまで出世しているファビアンが、シカゴ大の恩師のためにホームパーティを開くので、しぶしぶ出かけるヴィク。
    恩師には会いたいが、ファビアンはとうてい気があるタイプではないのだ。
    案内をしている女中かと思われた娘が実は長女エミリーと知り、虐待の疑惑を持つ。
    彼の妻ディアドリはヴィクと同じボランティアグループにいる。
    ディアドリは専業主婦だが、ホームレスのことには経験があるので相談に乗ると言って、自らヴィクの事務所のあるビルまでやって来た。
    ところが、後に事務所で死体となっているのをヴィクは発見してしまう。

    女性建築家グループの企業支援のための調査を引き受けるが、調べていくと、どこかきな臭い。
    大口の依頼者であるダロウ・グレアムの息子ケンが退学になったので、社会奉仕として認められる仕事を探してやるように頼まれてしまい、お気楽な若者ケンに何かと付きまとわれることに。

    関わる事件が交錯し、ヴィクは連日のように違うことで新聞種になる。
    怪しい会社や工事現場に乗り込み、洪水が迫っている地下道にまで…!?
    ブルーってどこが?と笑っちゃうぐらいの大奮闘。
    苦さもあるけれど、救いもある。
    バースデーで締めくくり。
    2011年12月再読のときに初登録。

全4件中 1 - 4件を表示

バースデイ・ブルー (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

Tunnel Vision: V.I. Warshawski 8 (V I Warshawski 08) ペーパーバック Tunnel Vision: V.I. Warshawski 8 (V I Warshawski 08) サラ・パレツキー
Tunnel Vision (V. I. Warshawski novel) ペーパーバック Tunnel Vision (V. I. Warshawski novel) サラ・パレツキー

サラ・パレツキーの作品

ツイートする