ビター・メモリー〈下〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : Sara Paretsky  山本 やよい 
  • 早川書房
3.69
  • (5)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753672

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヴィクが丸くなった。巻末の解説にも書いてあったけれど確かにそうかもしれない。恋愛も、怒りに対処する姿も。今までの何でもござれなスーパーヒーロー的なヴィクよりも、より人間味というか女性らしさというかを感じられて、気持ちを寄せて読みやすいという気はする。年齢を重ねていくヴィクの今後が楽しみといったところ。
    ストーリーは、同じ女性の私としては上巻後半くらいからロティの物語は予想できていたので、それがどう落ち着くのかという気持ちで読み進んでいたが、回想を挟むという今までになかった手法は斬新で読みやすかった。
    リアル本棚へしまおうとしてカバーを外して初めて気づいたけれど下巻の表紙は私のロティのイメージそのものでした。

  • 2001年発表
    原題:Total Recall

  • 上下巻となると長い。

  • 最初まったく別の事件と思われた事件が、意外な形で接点を見せ始める。ただこの展開もV.Iの推理というより、行動力により犯人が勝手にぼろを出したというべきか。多少自分の感情を抑えるようになったヴィクだが、多少向こう見ずな行動は年を取っても変わらず。
    ロティの過剰な反応の原因は予想外だったし、納得もいく。

  • シリーズものは、古い友人に再会するようで、とても
    心地よいのです

    しかも、このシリーズは、珍しく、物語の中で主人公
    が成長していって、ちょうど主人公のヴィクとおない
    どしになりつつあります

    なんか、一緒に成長してきた感じが、よいのです

    最近、ヴィクの性格がちょっと丸くなってきたので
    自分も大人にならなきゃと思う今日この頃です

全5件中 1 - 5件を表示

サラ・パレツキーの作品

ツイートする