ウィンディ・ストリート (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 2-19)

制作 : 山本 やよい 
  • 早川書房
4.04
  • (6)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (633ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋人のモレルは怪我をして帰国。
    ヴィクもまた、肉体的危機に見舞われる。
    恩師の依頼で、出身高校のバスケット部のコーチを引き受けたのだが。
    貧しい地域で、自分が育った頃よりも妊娠して中退する女子高生が増えていて、バスケットも奨学金を貰うレベルには遠い。
    地元で発展した大企業の一族に出会い、純情な孫のビリーに好感を持つ。
    悪女役の叔母ジャッキーや、ヴィクに恨みを持つ元同級生など、熟女の印象も強烈。
    ビリーは牧師のアンドレアスと親しくなり、家族とケンカになる。
    工場で何事かが起こっていて、ビリーがバスケ部のジョージーと行方不明になり、やがて殺人まで…?
    正義感と好奇心と行動力でどんどん突き進む。
    モレルと旧知の仲の女性マーシナの滞在に嫉妬しつつも…
    とうてい救いがなさそうに思われる環境に1つでも確実に風穴をあけるヴィク。
    無邪気な2匹の犬たちの活躍にも乾杯!
    2009年9月初登録。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      マロリーよりヴィクの方が親近感を覚えるのは、どうしてだろう。。。歳が近いからか?
      新作「ナイト・ストーム」が9月に出る、月一くらいで未読の作...
      マロリーよりヴィクの方が親近感を覚えるのは、どうしてだろう。。。歳が近いからか?
      新作「ナイト・ストーム」が9月に出る、月一くらいで未読の作品を読んでいけば(「アンサンブル」と「沈黙の時代に書くということ」入れても)半年くらいで追いつく←そんなに上手くコトが運ぶ訳無いか・・・
      2012/08/27
    • sanaさん
      nyancomaruさん、
      ヴィクのほうが親近感はありますねえ。ずうっと昔からお馴染みだし。
      マロリーは…拒絶されそうだから!ってのもあ...
      nyancomaruさん、
      ヴィクのほうが親近感はありますねえ。ずうっと昔からお馴染みだし。
      マロリーは…拒絶されそうだから!ってのもあるかも?

      月一で半年?
      それは濃いですね~!どうぞ頑張って下さい♪
      でも確かに読み始めると、もう1冊読みたくなりますよ!
      私はちょっと間が開いてたんですが…この1年でほぼ取り返したかも。
      「アンサンブル」「沈黙の時代…」は読んでません…秋が深まったら読もうかな♪
      2012/08/27
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ずうっと昔からお馴染みだし」
      人間臭いからかな、、、
      「月一で半年?」
      6冊出ているので、単純計算しました。
      新版「サマータイム・ブルース...
      「ずうっと昔からお馴染みだし」
      人間臭いからかな、、、
      「月一で半年?」
      6冊出ているので、単純計算しました。
      新版「サマータイム・ブルース」が出たのが2010年。2年も放ってあったのかと思うと、、、
      2012/08/29
  • ケガの多いお話だな…と。だけど若い世代を認め懐かしみ応援するヴィクに憧れる。そんなふうに歳を重ねていきたいなと思う。
    しかし今作は、いや今作も?収入が心配になるのは私だけかしら…。

  • やっぱり面白かった( ´ ▽ ` )ノ。
    そして、やっぱり長かった( ´ ▽ ` )ノ。

    1ヶ月かけて未読のヴィクもの4~5冊を読んできたけど、大筋は大体一緒だね( ´ ▽ ` )ノ。
    衰退したシカゴを牛耳る名門財閥の傲慢暴挙(~_~)。
    底辺で必死に生きる善人と破滅に身を任す愚か者(~_~)。
    義憤に駆られ一人突っ走る女探偵( ´ ▽ ` )ノ。

    今回は後半に入ったところから、俄然面白くなった( ´ ▽ ` )ノ……でも、やっぱり長い……(´ε`; )ウーン…もうちょっと、短くてもいいんじゃないかな?
    前にも書いたけど、ほんの数日間の話なのに600ページ700ページというのは……一気読みしないと細かな筋が把握できないたぐいの小説なのに、いくらなんでも分厚すぎ……(´ε`; )ウーン…

    まあ、とにもかくにも、これにてヴィク本ストックはゼロになった。またブックオフで見つけたらまとめて読もう( ´ ▽ ` )ノ。あと何冊出てるのかな?

    事前にNAVER まとめかなんかでシカゴの現状を写真付きで見ておくと、ヴィクの嘆きにより共感できるね(~_~)。

    2015.11.4

  • 2005年発表
    原題:Fire Sale

  • ずーっと好きで読んでいるシリーズ。もう主人公も私の年齢を追い越していったけれど、相変わらずの大活躍。でもケガしすぎ。体壊すよ~と、いつも思う。

    今回も最後まで楽しめました。

  • シカゴのV.I.ウォーショースキー、好きな女探偵さん。
    今回も負傷しながら 大活躍。

  • -

全8件中 1 - 8件を表示

ウィンディ・ストリート (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 2-19)のその他の作品

サラ・パレツキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
ピエール ルメー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
パトリシア コー...
パトリシア・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウィンディ・ストリート (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 2-19)に関連する談話室の質問

ツイートする