ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))

制作 : 山本やよい 
  • 早川書房
3.97
  • (8)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (658ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753719

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか、年を経るごとにアクションが激しくなっているような気がするのは、気のせいでしょうか?刑務所に入ったり、激しい暴行を受けたりしていますが、今回は、危うく焼け死にそうになってしまっています。
    このシリーズが終わるときは、昔の刑事ドラマみたいにV.I.の『殉職』で終わるんでしょうか?

  • 40年前の吹雪の夜、彼は忽然とシカゴの町から姿を消した…偶然のきっかけで、消えた黒人青年の叔母の依頼を受けたわたしは、昔の失踪事件を調べることになる。時間の壁だけが障害かと思われた調査だが、失踪の影にはもうひとつの事件が隠されていた。隠蔽されてきた唾棄すべき事実の露見を怖れる何者かが妨害を始め、わたしの身辺に次々とトラブルが!どんな圧力にも屈しない、V・I・ウォーショースキーの真骨頂。

    3年間の積読期間を経て、一気に650ページの大作を読み終えました。一気と言っても10日かかりましたが。
    いつもドキドキ冷や冷やさせられるヴィクですが、本作はこれまでにも増して敵が周到にヴィクを狙い、次々と襲いくるトラブルに命の危険にさらされながらも立ち向かっていくヴィクの姿に分厚さも忘れてドンドン引き込まれてしまいました。いろいろな伏線や謎が見事に一点に集まり、過去の犯罪が白日の下に曝される展開はミステリとしても秀作と言えるでしょう。新たにヴィクの従妹のペドラと隣人のジェイク・ティボーが登場し、次作からの新展開が楽しみです。でも、残る積読2冊も同じくらいの分厚さなんだな、これが・・・。

  • しぱらく会っていなかった旧友に、ひさしぶりに会えた気分。向こう見ずなところは相変わらずだね。だけど、あなたの生き方は大好きだし、尊敬もしてる。これからもよろしくね。

  • 2010年発表
    原題:Hardball

  • 初めて読んだのは「バーニング・シーズン」。で、ファンになって1作目から読んでいます。

    ずいぶん久しぶりですが、面白かったですね。だけど、長いシリーズなので既読の方でないとわからないニュアンスもあるかもしれません。

    相変わらずのヴィクのタフさや、不正から目をそらさないところは大好きです。たとえそれが自分の心の聖域であっても、甘えないで向かっていくところが好き。人間関係に悩むところも、同じ女性として共感できるし。

    ゲストキャラのシスター・フランシスが亡くなるのがとても辛くて。修道女達の人間らしさが本編に生彩を添えていると思います。

    しかし、昔のヴィクって、すっごくよく怒る女性だったんだけど丸くなりましたね。辛抱強くなったなって思います。ホントは優しくて繊細なヴィク。

    ロマンスも上手くいけばいいのにね。

  • 新刊で買ってから積読してたヴィクシリーズをやっと読了。第1作から大好きでずっと読んできたけれど、だんだんヴィクが痛々しいなぁ〜と思っていたら、長い休みに突入。復活して久しぶりにヴィクに会えた。相変わらず、小さいおせっかいから、やっかいごとに雪だるま式に巻き込まれ、社会の不正と戦うヴィクの姿は小気味いい。山本やよいさんの訳も読みやすく、名人芸。

    しかし、部数が落ちてるせいなんだろうけど、第1作から単行本時代の1冊手前までの江口寿史がイラストだった格好いい装丁が懐かしい。

  • 新作を読む前に、その一つ前のを慌てて読みました。
    ヴィクの姪ペトラが登場。
    大学の夏休み中に、シカゴでバイトをするため。
    疎遠だった叔父は遅く結婚し、実は4人もの娘がいたんだそうで。
    娘達には厳格で、ヴィクには近づくなといっていたらしい。

    ペトラは長身でつんつんした金髪、明るく生気に溢れているが、お喋りで軽率。いまどきの若者にイライラさせられるのがおかしい。
    同じアパートに住む世話焼きのコントレーラス老人はすっかり気に入ります。
    ただ、上院議員選挙の活動の手伝いをしているという仕事の様子が、どうもおかしい?

    40年前の吹雪の夜、忽然と姿を消した黒人青年ラモント。
    偶然のきっかけで、ヴィクは青年の叔母クローディアから調査の依頼を受ける。
    死ぬ前にどうしても会いたいというのだ。
    ラモントの友達の店を訪ねたヴィクは、怒りと嘲笑を向けられる。
    ラモントの逮捕にはヴィクの父が関わっていたとわかる。
    40年前に何が起きていたのか?
    子供の頃の記憶をたどるヴィク。
    父の苦しげな様子を思い出す。
    やがて…
    父の手紙の真意は?

    ペトラは不審な行動のあげく、行方不明に!
    非難されつつ、胸を痛めて、奔走するヴィク。
    大車輪の活躍となります。
    2009年発表。
    2011年12月19日初登録。

  • 毎日新聞の日曜日に、書籍を紹介するページがあり、その中に各界の著名人が、「私の好きなもの三つ」というテーマでお気に入りを紹介する欄があって(本に関することでも、関係ないことでも何でも良いのだが)どなたかは忘れたが女性の私立探偵が主人公の小説が好きだ、ということで列記されていたのをメモしておいて、今回はその中の一冊を読んでみた。

    主人公は弁護士をやめて私立探偵になった、という異色な経歴の女性。
    あるきっかけで人捜しを依頼されて、調査を開始するのだけれど。

    まず登場人物が多すぎて、頭に入らない。しょっちゅう最初のページで確認するが・・・
    主人公をはじめ登場人物の人物像が頭に描けない。
    私はこれ結構大事なことで、これができないと話に入っていけない。
    話にめりはりがない、ドキドキしない。

    そんなこんなで、中断することにした。
    あわただしい中で、小刻みにしか読めなかったことも原因だと思うけど、残念。

  • 装丁は確かによくないが、内容は素晴らしい。ヴィクの傷だらけになりながらの活躍にはいつもながら称賛の念。途中少々中だるみ?感もあったが。

  • 洋物は読みづらい

全13件中 1 - 10件を表示

サラ・パレツキーの作品

ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))を本棚に登録しているひと

ツイートする