ウィンター・ビート (ハヤカワ・ミステリ文庫)))

制作 : 山本 やよい 
  • 早川書房
3.95
  • (11)
  • (14)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (682ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150753726

作品紹介・あらすじ

従妹のペトラが働くナイトクラブは、前衛的なボディ・ペインティングのショーで人気の店だった。だが、店を訪れたわたしはそこに危険な空気を嗅ぎつける。不安は的中。常連客の女性が店の裏で射殺され、容疑者として帰還兵の若者が逮捕されたのだ。息子の無実を信じる父親の依頼で調査に乗り出すわたしは、知らないうちに底知れぬ闇に立ち向かうことに…巨大な敵を前にしても、V・I・ウォーショースキーは挫けない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらゆる事件にカラダを張ってきたヴィクが、今回もまたカラダを張る・・・文字通りに。かつてキャサリン・ターナー主演で映画化されたこともある本シリーズだけれど、いま、ハリウッドにヴィクを演じられる同年代の女優がはたしているんだろうか・・・そりゃまあSFXとかCGとかがあるにしても・・・

    ジャンルで云えばミステリに括られるんだろうけど、本シリーズが一貫して訴えつづけているのは、アメリカの悩み。今回はイラク戦争の後遺症や同性愛あるいは偏見。悩みは深いけど、だからこそ希望を捨ててしまってはいけないというのが、ヴィクの、というかパレツキーの根っこにあるんだとおもう。沈黙の時代だからこそ、語るのをやめてはいけない、ということなのかなと。

    ヴィクのようにはなれないけれど、彼女に励まされた無数の読者たちが、世界のあっちこっちに散らばっていて、その何十分の一かでも勇気と希望を失わないことが、沈黙の時代の“言葉”になりうるのではという気がしておりますです。


    余談:パレツキーが久々に来日したのはちょうど、去年の今頃でしたよね。つまり恒例の年間最繁忙期と重なって駆けつけることができませんでした。今年もヘロヘロ期間中に新刊を読んだわけで、いつもシンドイときにヴィクを読んでいるような。
    シリーズはつづくようで慶賀に堪えないのですが、シンドイのがつづくのはかなわんなぁ・・・毎年、昨年の課題はクリアするのですが、年々要求も高まってるので、さてどうしたものかというきょうこの頃です。苦笑。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「その何十分の一かでも勇気と希望を失わない」
      新版の「サマータイム・ブルース」が出てから読んで無い。。。bolachaさんのレビュー読んで急...
      「その何十分の一かでも勇気と希望を失わない」
      新版の「サマータイム・ブルース」が出てから読んで無い。。。bolachaさんのレビュー読んで急に読みたくなってきました。。。
      2012/07/19
  • 今回は、命の危機は前作、前前作程ではありませんが、謎が謎呼ぶ展開になっています。イラクからの帰還兵、民間軍事会社が出てくるのは時代ですね。

    ところで、最近、ボビー・マロリーが出てこない気がするんですが?って言うか、ちょっと前に定年を思わせる描写が有ったんですが、まだ定年ではない?ちょっと気になります。それに合わせ、シカゴ警察との仲も、微妙になってしまってますね。

    その変わりと言ってはなんですが、ペトラがここ二作品続けて出ています。ころころと態度を変えるところ辺りは、日本で言うと“ゆとり”の雰囲気を感じさせますが、アメリカでそう言う概念有るんですかね?

  • ヴィクは女性探偵の活躍する4Fミステリ、
    つまり書き手も読み手も、翻訳者も女性で、
    主人公は女性という作品の中でも、長く人気を誇る主人公です。
    おそらく今になっては、男性のファンもたくさんいることでしょう。

    このお話では、イラク戦争で心に傷を受けた帰還兵の青年と
    民間企業を通じてイラクに行き、そこで戦闘に巻き込まれて
    亡くなったとされている女性の家族に降りかかった相次ぐ不幸の
    謎に、ヴィクが挑みます。

    物語としてきちんと収まるところへ収まる、見事な構成ですが
    これは、原作者である、サラ・パレツキーさんの、作品を通じた
    イラク戦争と、戦争後のアメリカに対する批判が込められていると
    感じました。

    声高な書き方はされていないのですが、
    侵攻したアメリカ人の人たちも、イラクの人たちにも
    双方に深い傷を残すことであって、
    未だに苦しんでいる人がいることを、
    自然に描いています。

    ヴィクは、まだまだ生き生きしていて、
    魅力的です。

    若い男性にほのかに片想いされたり、
    恋人とも温かな心が通い合っていて
    とても素敵です。

    前の巻から登場したいとこのペトラは、
    レギュラーになったみたいですね。
    ミスタ・コントレーラスも健在ですし。

    今回、イラクに派兵された青年の友人二人が
    ヴィクを助けるのですが、
    彼らの態度がすごく爽やかでいい感じ。

    次回作が早く読みたい、今作はとても面白かったです。
    テンポがよくて、最初に読んだ「バーニング・シーズン」の
    頃にも負けていません。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「男性のファンもたくさんいることでしょう」
      はい!
      「サマータイム・ブルース」の改訳が出てから読んでいないので、暫くお休み中になりますが、、...
      「男性のファンもたくさんいることでしょう」
      はい!
      「サマータイム・ブルース」の改訳が出てから読んでいないので、暫くお休み中になりますが、、、エッセイ「沈黙の時代に書くということ」を読んだらコンスタントに読もうかと思っている(実は、読書再開したいシリーズが他にもあって困っている)
      2013/01/31
    • 瑠璃花さん
      nyancomaru様 
      コメントをありがとうございました!嬉しいです。
      是非読書再開なさってくださいませ。読後の感想も拝見できればと思い...
      nyancomaru様 
      コメントをありがとうございました!嬉しいです。
      是非読書再開なさってくださいませ。読後の感想も拝見できればと思います。男性のファンの方は、ヴィクのどんなところに惹かれるのでしょう。知りたいです!
      2013/01/31
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「どんなところに惹かれるのでしょう」
      ズバリ一本気なところです。コレだ!と思えば、とことん喰らいつくところですね。
      そして友人達との遣り取り...
      「どんなところに惹かれるのでしょう」
      ズバリ一本気なところです。コレだ!と思えば、とことん喰らいつくところですね。
      そして友人達との遣り取りも微笑ましく、ちゃんとロティ・ハーシェルとも喧嘩するし、心配をして呉れるコントレーラスにも嫌味を言う。そんなところが身近に感じるからかなぁ~(チョッと超人過ぎる部分もありますが)
      2013/01/31
  • 本作は飽くまでもフィクションで探偵小説だが…何か昨今の“イラク”を巡って在った、或いは在る様々な“問題”を指摘する作品ともなっている感で、少し考えさせられた…

    事件の謎が明かされる最終盤の演出!!これがなかなかに好い!!やや厚めの文庫本だが、終盤まで一気に進んでしまう…

  • やっと読み終えた。何ヶ月もかかってしまった。

  • 従妹のペトラが働くナイトクラブは、前衛的なボディ・ペインティングのショーで人気の店だった。だが、店を訪れたわたしはそこに危険な空気を嗅ぎつける。不安は的中。常連客の女性が店の裏で射殺され、容疑者として帰還兵の若者が逮捕されたのだ。息子の無実を信じる父親の依頼で調査に乗り出すわたしは、知らないうちに底知れぬ闇に立ち向かうことに…巨大な敵を前にしても、V・I・ウォーショースキーは挫けない。
      
    V・Iシリーズ第14弾、700ページ近い大作なので若干尻込みしていましたが、読み始めたらあっという間でした。最近は従妹のぺトラに振り回されて事件に巻き込まれることが多くなったヴィク、50歳を前にいろいろ考えるところもあるようですが、初登場時(32歳)よりもさらにパワーアップしているんじゃないかと思える奮闘ぶりです。次作以降もさらなる活躍が期待できる・・・ということで次はいよいよ邦訳最新作「ナイト・ストーム」に追いつきます。でもまたまた700ページ・・・。

  • 久々のヴィクのストーリー。相変わらずのタフさ強さと図々しさを見せてて安心感がある。若い従妹に「ヴィクのようにはなりたくない」って言われて傷ついても、今さら生き方変えられないよね。このまま突っ走って欲しい。

  • いつも回りをハラハラさせていたヴィクが、ハラハラさせられる側にいつのまにかなっている。
    終わりかたが、素晴らしい。
    タフに生きるヴィクの抱えてしまった心の傷が、ゆっくりと癒されていく。

  • ヴィクは自分よりちょっと年上だけど、とってもパワフル!そこまでやらなくても…て思うことまでやってしまう。ヴィトクが頑張ってるのを見ると、自分も頑張らなくちゃって思う。

  • 幾つになってもVIは元気でした。これからの活躍が楽しみです。

全17件中 1 - 10件を表示

サラ・パレツキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア・コー...
パトリシア・コー...
ピエール ルメー...
パトリシア・コー...
パトリシア コー...
パトリシア・コー...
アンドレアス・グ...
64
横山 秀夫
ミネット・ウォル...
パトリシア・コー...
ジェフリー ディ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ウィンター・ビート (ハヤカワ・ミステリ文庫)))を本棚に登録しているひと

ツイートする