ロマンスのR (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : Sue Grafton  嵯峨 静江 
  • 早川書房
3.76
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150763688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大富豪から受けた仕事は、ごく簡単なものだった。出所する一人娘のリーバを刑務所に迎えに行き、自宅まで送ってほしいというのだ。仮釈放の身のリーバは、制限の多い生活でキンジーに友人づきあいを求めてくる。だが、彼女と愛人関係にあった元雇い主が金融犯罪に関与していることが判明したとき、事態は一変した。捜査当局が彼を摘発しようとリーバの証言を求めて接近してきたのだ……久々の恋に燃える女探偵、事件に挑む。

    キンジー・ミルホーン・シリーズ第18弾、ようやく『R』まで来ました。が、7年の積読期間を経て読み終えた今、日本では『S』以降が出版されていないという現実に愕然・・・。本国では『V』(2011年)まで出ているのに。ハヤカワ・ミステリ文庫での復活を期待します。
    さて、本作ではキンジーは新たな恋に陥り(解説者曰く)色ボケ状態で、ゲスト登場人物のリーバに主役の座を譲る羽目になるのですが、リーバのキャラが魅力的でハラハラさせられながら楽しく読めました。キンジーも「わたしはたいていヒロインだが、ときには、他人の人生ドラマのなかでちょい役しか演じないこともある」ことを学んだと報告してますので、問題なし。ヴィクとは違うキンジーの魅力も十分楽しめる一冊でした。

ロマンスのR (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

R Is for Ricochet (Sue Grafton) カセット R Is for Ricochet (Sue Grafton) スー・グラフトン
1-B07DP7VF9Dの詳細を見る Audible版 1-B07DP7VF9D スー・グラフトン
1-B003BMHHPKの詳細を見る ハードカバー 1-B003BMHHPK スー・グラフトン

スー・グラフトンの作品

ツイートする