ローレンス・ブロック傑作集〈3〉夜明けの光の中に (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 45人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Lawrence Block  田口 俊樹 
  • 早川書房 (1994年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150774578

作品紹介

もう何年もまえのことだ。警察を辞め、妻子も捨てて、酒場に入りびたっていた私は、飲み友だちの依頼を引き受けることになった。妻殺しの嫌疑をかけられているので、真犯人を探し出してくれというのだが…。アル中探偵マット・スカダーの回想を通して、大都会の感傷を謳い上げたアメリカ探偵作家クラブ賞受賞の表題作をはじめ、当代随一のストーリーテラーが絶妙な筆さばきでつづる逸品20篇を収録した待望の傑作集第三弾。

ローレンス・ブロック傑作集〈3〉夜明けの光の中に (ハヤカワ・ミステリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローレンス・ブロックの短編集。上手い!!

  • 図書館で。短編集って物語に入り込んで、展開を楽しみ余韻に浸る一連の時間が短いようで結構かかるので長編読むよりも時間がかかる気がします。前の短編の余韻を引きずってると次のお話が頭に入ってこないんですよね…。
    ミステリーというよりはブラックユーモアというかショートショートというか…ロアルド・ダールみたいなイメージでした。
    でも犯罪者を助長させるような弁護士の話も女性を強姦殺人する話(しかも2話あった)も嫌いだな~ そして奴らが世間にのさばっているのがさらに如何ともしがたい。
    ですが殺人衝動って一般的で普通なのかしら?とかその辺りも恐ろしくなりました。
    後あとがきにあった短編の名手を読んだことないので読んでみようと思ったのですが名前忘れちゃった。あとがきの方とは友達になれませんね(別にならなくてもいいけど)(笑)

  • 短編って、やはり宝の山。いいわあー。マット・スカダーも、バーニィ・ローデンバーも、エレイングラフも出てきます。どれも珠玉の作であり、短編にしかない味わいがあり。堪能させて頂きました。

  • バーニィが登場するのは、「泥棒はプレスリーを訪問する(泥棒はグレースランドに侵入する)」。これは「エルヴィスとは誰か」(音楽之友社、'96)にも所収。すごいですよね、こんなことを掲載しているHPがあるなんて!ミステリー・推理小説データベースなんだそうで、yahooでブロックとバーニィを入力して辿りつきました。

全4件中 1 - 4件を表示

ローレンス・ブロック傑作集〈3〉夜明けの光の中に (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

Some Days You Get the Bear Kindle版 Some Days You Get the Bear ローレンス・ブロック
Some Days You Get the Bear マスマーケット Some Days You Get the Bear ローレンス・ブロック

ローレンス・ブロックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ローレンス・ブロック傑作集〈3〉夜明けの光の中に (ハヤカワ・ミステリ文庫)はこんな本です

ツイートする