24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)

制作 : Daniel Keyes  堀内 静子 
  • 早川書房
3.60
  • (138)
  • (200)
  • (398)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1602
レビュー : 149
  • Amazon.co.jp ・本 (479ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151101045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多重人格というものをそもそも誤解していた。

    すげーよ、コレ。さながらゲームの主人公。

  • それぞれの人格がうまく描写されている。人格の中での上下関係や持っている役割、感情が非常に細かく描かれている。

  • 24人の人格を持つビリー・ミリガン。
    TVで見てから、読み始めた実話。
    興味深い。
    きっと多くの人が興味を惹かれるテーマだろう。

  • 上下巻。実話なのよね…。重くて深いテーマだけど、書き手がダニエル・キイスなのが良い。

  • 人間の心と体の不思議さを知りました。
    多重人格がどういうものなのか
    それから 人はどれだけ素晴らしい可能性を秘めているのか分かりました。
    だけどビリーは可哀相です。

  • これ本当にノンフィクションなの?

  • 高校生の頃に読んだなぁ。
    流行った流行った。

  • 面白い・・すっごい興味をそそられます。この後どうなっていくのか・・

  • 人の心と身体ってすごい。
    すごく興味深い。

  • ノンフィクション。驚きの連続です。ビリーには彼以外に23人もの『人々』が存在する。彼らの天才的な側面に圧倒されました。しかし、そこには人間の可能性と深い闇、暗い現実、苦悩が綴られています…よく、個性的な『彼ら』のことを中心に取り上げられる事が多いですが、それ以外、当人も含め「心の病」に関わり、向き合う人々の姿に多くのことを考えさせられました。

全149件中 81 - 90件を表示

ダニエル・キイスの作品

ツイートする