生は彼方に (ハヤカワepi文庫)

制作 : Miran Kundera  西永 良成 
  • 早川書房
3.61
  • (8)
  • (17)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 151
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはいい!長いけど、多少なりともフランスよりのチェコ文学です。東欧の暗さは好きだけど、カフカはちょっとイライラするというアナタにおすすめ。

  • 母親に囚われた詩人の成長と死。ビルドゥングスロマンだが、詩人はむしろ成長に従って自分の世界を狭め、閉塞していってしまうように感じた。
    時間軸を飛び越えたり、複数の視点を導入したり、章の区切りでリズムを演出したりと、凝った構成になっている。

  • 「LA VIE EST AILLEURS」
    <テンポ/語りのモード>
    第一部 あるいは詩人の誕生(モデラート/中庸の速度で・「一貫した」話法)
    第二部 あるいはクサヴェル(アレグレット/やや快速に・夢幻的話法)
    第三部 あるいは自慰する詩人(アレグロ/快速に、活発に・ポリフォニー的話法)
    第四部 あるいは走る詩人(プレスティッシモ/できる限りはやい速度で・ポリフォニー的話法)
    第五部 あるいは嫉妬する詩人(モデラート/中庸の速度で・「一貫した」話法)
    第六部 あるいは四十男(アダージョ/緩やかに・「一貫した」話法)
    第七部 あるいは瀕死の詩人(プレスト/きわめて速く)

  • 母子密着的な環境で青年がもがく。

著者プロフィール

1929年、チェコ生まれ。「プラハの春」以降、国内で発禁となり、75年フランスに亡命。主な著書に『冗談』『笑いと忘却の書』『不滅』他。

「2015年 『無意味の祝祭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生は彼方に (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

生は彼方に 単行本 生は彼方に ミラン・クンデラ
生は彼方に (ハヤカワ リテラチャー 11) 単行本 生は彼方に (ハヤカワ リテラチャー 11) ミラン・クンデラ
生は彼方に 単行本 生は彼方に ミラン・クンデラ

ミラン・クンデラの作品

ツイートする