わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

制作 : Kazuo Ishiguro  入江 真佐子 
  • 早川書房
3.72
  • (82)
  • (151)
  • (147)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 1167
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後半の父母を探しに戦闘中の街の中を行った所がダメ。
    まず中国軍士官が父母探しにあそこまで協力しているのに、クリスの言動は利己的過ぎる。
    そして一番の?は、上流階級(なはず)のアキラとの邂逅シーン。
    キーパーソンであり、且つ上流階級である彼が、あの場面で一兵卒として再登場するのがどうしても解せない。

    またお母さんを発見した経緯も有耶無耶だし、イギリスに引き取らないのもクール過ぎる(それこそが孤児故の発想!?)。

    とにかく物語には引き込まれたが、その流れが尽く自分の意に反したので読後感は非常によろしくない残念な作品

  • 大人はこれでよかれと思って隠したことで子供はずっと悩む。知れば胸が悪くなるようなことであっても、知っていることは幸せなのだ。

  • 2冊目のカズオ・イシグロ。
    翻訳のせいかもしれないが、暗いわけではないが明るくなく、紗をかけたような少し現実から離れた感じのする文章。
    そして大人とは思えない奇妙な行動。まるで子供が探偵ごっこをしているかのような感じを受けます。
    周りの描写は緻密だが、肝心の部分はぼんやりとしか書かれていない。モヤモヤしながらも常に興味をひきつつ、ここでやめられないと読み進んでしまいます。
    最後の急展開はお約束のようなものでしょう。読んだ後は少し切ない気持ちになります。
    舞台となった時代の上海の雰囲気がある本でした。

  • 父母と離ればなれになった遠い記憶をたどりながら、異国である生誕地・上海を想うイギリス人探偵。日本人の幼友達との良き思い出や、魔都に潜む闇も思い出される前半から、両親の消息を追って戦地となった上海に乗り込む後半は雰囲気がガラッと変わる。記憶とは、故郷とはそれぞれどんなものなのかと自分を振り返っても考えてみる。

  • 現在はイギリスで有名な探偵になっている主人公のクリストファー・バンクスは、年少の頃、疎開地である上海で過ごしました。第2次世界大戦の引き金となった日中戦争の前後。
    父と母の想い出と日本人の友達、アキラとの回想シーンが物語の核を成します。カズオ・イシグロの作品はこれまで読んだ限りでは、過去のシーンがその都度物語を紡いでいくスタイルですが、今回は現実と回想が重層を成しており、モヤモヤとしたままあの事は何だったのか…と幾度も振り返ってしまいました。終わり近くになって、父母が何故いなくなってしまったのか、そのキーマンであると思われたフィリップおじさんの告白がそれまでの想い出を塗り替えることになるのですが…
    晩年の母と子の再会は、目の前にそのシーンが浮かぶようでした。孤児だった愛称パフィンが欲しかったのは、何と言っても親に愛された記憶。

  • 「ほほぅ、ノーベル文学賞はカズオイシグロという人か。なになに?本が売り切れじゃと?たしかうちに1冊あったな、どれどれ」
    という感じで読み始めた本書。以前、途中で挫折したのを思い出す。
    今回はがんばって最後まで行き着くが、これ、そんなにいいか?主人公の「母恋」話だが、主人公の行動に賛成できないし、文章表現も響いてこない……。
    全作読んでいる友人いわく「上手な村上春樹」だそうだが、「下手なフィッツジェラルド」というのが自分の印象。
    好きな人にはいいんだろうなぁ。「ノーベル賞受賞につられて買った」というだけの人の本がこれからブックオフに山積するのであろうなぁ。

  • 『充たされざる者』と二卵性双生児の趣がある。

  • 主人公であるクリストファーバンクスによって物語が語られていくが、主人公はいつでも未来にたっていて過去のある時点がその時によって語られていく。探偵らしいが、事件そのものが語られることはない。行方不明になった両親の行方を追い、故郷の上海へと渡るが、そこで新たな事実と出会う。その事実は本当にマジで容赦ない。今でもたまに思い出すくらいどうしようもない。わたしを離さないででも思ったが、カズオイシグロ凄すぎる。

  • カズオ・イシグロのわたしたちが孤児だったころを読みました。

    イギリス人のクリストファーは上海の租界で貿易関係の仕事をしていた父と美しい母とともに子供時代を過ごします。
    ところが、父と母は失踪したのか誘拐されたのか突然失踪してしまいます。

    大人になって探偵で名をあげたクリストファーは父と母が失踪した真相を探るため戦争中の上海に戻ってきます。
    そしてそこで明かされた真実は驚くべきものだったのでした。

    カズオ・イシグロの小説は面白いのですが、背景を丹念に描きその積み重ねで事実を語るという手法なので、通勤電車で細切れに読んでいるkonnokの読書法とは相性が悪いなあ、と思ったのでした。

  • 落ち着いた文章で、過去の記憶を美しく語るイシグロ節です。

全147件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

カズオ・イシグロの作品

ツイートする