わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

制作 : Kazuo Ishiguro  入江 真佐子 
  • 早川書房
3.72
  • (82)
  • (151)
  • (147)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 1167
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親失踪の結末
    子供時代の記憶と現実との乖離

  • 行方不明の両親を捜す男。
    探偵になり、魅惑的な女との絡みが面白かった。瓦礫のなかを捜す場面が思い出されるが、
    途中、これは男の夢の中では?と感じたのは、自分が戦争を経験していないことからくるのだろう。
    家族で住んでいた家は、いまは違う家族が長らく住み続けていた。
    家 という建物の意味以外の大きな価値は、そこを離れてから感じるものかもしれない。

  • モロにセカイ系だったのでバビッた。めちゃめちゃチャレンジングな作家だけど、ラノベまでやってたとは。

  • この本で、本の読み方が一つ身に付いた。書かれていることを全てと思わず、語られていないところにこそ作者の意図があるということ。

  • ああ。静かに感動した。
    語り手の記憶に基づいて進行し、徐々に真相が明らかになる。
    何事よりも自分の「仕事」に徹する様は、「日の名残り」の執事と重なる。

  • カズオ イシグロの小説 私を離さないで が日本でテレビドラマ化されるらしい。そんな事もあって、本棚を覗き、この本を手に取った。

    彼の世界観を語れる程、私は彼の著作を読み込めてはいないかも知れない。しかし、何か共通する底流のようなものが、あるような気がしている。孤児というキーワードは、大人が押し付け抗えない運命により、子供が置かれた状況だ。運命による無力感は、子供だけではなく、戦争状態に置かれた大人、組織の利害の渦中に置かれた大人にも生じる。そう、大人であっても、孤児同様、抗えない運命に左右されるのだ。この事が、日系英国人としての運命を背負ったイシグロの醸す雰囲気の原点なのかも知れない。

    我々は、より大きなものの利害により、自らの選択肢を狭められ、時に選択を強制される。両親の選択、叔父や友の選択。選んでいるようで、実は選ばされている。この物語のどこに救いがあるというのか。いや、あった。物語の最後、彼は自ら孤児を引き取り、暮らしを選ぼうとするのだ。ようやく初めて、タイトルの通り、孤児は過去形になるのである。

  • 孤児は自分の両親がいない世界が、何か悪いものだと思っている。両親が自分のもとへ帰ってくれば世界もっと良くなる、あるいは世界がもっと良くなれば両親は帰ってくる……。その想いを胸に、孤児は大人になっても世界と戦っている。
    もう一度読み返したらもっと理解できるかな。
    イギリス人のクリストファーと日本人のアキラが上海で出会って幼なじみになるという設定も面白いなと思いました。

  • 上海で暮らし、10歳のある日突然孤児となったクリストファーがロンドンで有名な探偵となり、両親の行方を追う。
    両親がいなくなった時から、まさに孤児のように目の前の厳しい現実と向き合って強く生きてきたクリストファーがたどり着く事実は辛く悲しいものだった。
    しかし、そこには母の長年絶えることのなかった愛情があった。

    母と自分の消えることのない繋がりを見出すことができたクリストファーは、ついに孤児であることをやめることができたのだ。
    切なくて美しい話だった。

  • 両親を幼くして不可解な事件で失い、生まれ育った地から離れ、成長した主人公が探偵として両親の失踪の問題の解決に挑む物語。
    というといかにもなわくわくするストーリーですが、実際はその純粋な志向と相反する華やかで傲慢な世界に身を置き、その中で社会の腐敗の大きさ、戦争の悲壮さを前に無力感を覚え、葛藤しつつも己の生き方を貫くしかない現実を抱える人の物語。

    幸福とか平穏とか、そんなものより、人を生きさせるのは使命でしょう。でも、人はいつまで使命を抱えられるんだろう、と思いました。読んでる人自身が、「わたしたちのような者」だと思い込んでしまう。太宰治みたいな小説。

  • 500頁超をすらすらと読ませるのはすごいし、最後の謎解きもある。ただ、終盤の主人公やそれに応ずる周囲の言動、物語の展開にはやや不自然さを感じる。作者としてはそれも承知の上なのだろうが、何だかすっきりしない。

全147件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

カズオ・イシグロの作品

ツイートする