わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

制作 : Kazuo Ishiguro  入江 真佐子 
  • 早川書房
3.72
  • (82)
  • (151)
  • (147)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 1167
レビュー : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後半の父母を探しに戦闘中の街の中を行った所がダメ。
    まず中国軍士官が父母探しにあそこまで協力しているのに、クリスの言動は利己的過ぎる。
    そして一番の?は、上流階級(なはず)のアキラとの邂逅シーン。
    キーパーソンであり、且つ上流階級である彼が、あの場面で一兵卒として再登場するのがどうしても解せない。

    またお母さんを発見した経緯も有耶無耶だし、イギリスに引き取らないのもクール過ぎる(それこそが孤児故の発想!?)。

    とにかく物語には引き込まれたが、その流れが尽く自分の意に反したので読後感は非常によろしくない残念な作品

  • なんつーか、丁寧に叙述してるのに
    詳細がわからなくて隔靴掻痒な感じも2冊目になると
    ややつらい。

    でも最後がタイトルに帰るあたりはさすが、と思った。

  • 上海の租界で育った名探偵クリストファー・バンクス。孤児であった彼は、大人になり、両親を探しに再び戦禍の上海に赴くが…〉

    カズオイシグロ。

    正直今回のは(カズオイシグロにしては)あんまりでした。不確かな語り手の記憶の手法はいつも通りでしたが、あまりに名探偵であるクリストファーが迷探偵な気がして…

    でもラスト50ページは凄まじい。真実とは時に残酷なことを見せつけられた。

    たぶんこの本から、「取り返しのつかない過去への後悔と正当化」から「どうすることもできない真実の受容」へとテーマがシフトした気がする。

  • なんか読みにくいんだよな、カズオイシグロさんの本は…

  • 「今日はどうだった?」と聞かれなかった子どもたちの話。

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

カズオ・イシグロの作品

ツイートする