充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

制作 : 古賀林 幸 
  • 早川書房
3.62
  • (24)
  • (46)
  • (42)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 562
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (948ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200410

作品紹介・あらすじ

世界的ピアニストのライダーは、あるヨーロッパの町に降り立った。「木曜の夕べ」という催しで演奏する予定のようだが、日程や演目さえ彼には定かでない。ただ、演奏会は町の「危機」を乗り越えるための最後の望みのようで、一部市民の期待は限りなく高い。ライダーはそれとなく詳細を探るが、奇妙な相談をもちかける市民たちが次々と邪魔に入り…。実験的手法を駆使し、悪夢のような不条理を紡ぐブッカー賞作家の問題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巻末の解説によると、発表当初から賛否が大きく分かれたという本書。デビューからそれまでに寡作ながらいずれも高い評価と栄誉ある賞を得た作家が、本当に書きたかったものを書いたそうです。

    出だしから登場する人たちの長いセリフ、それに続く非現実な場面転換。序盤から、読み進める側は、この奇妙な小説をどう受け止めていいのか、戸惑います。否定的な感想を持つ人は、おそらくこの戸惑いを消化できなかったのではないでしょうか。そうした気持ちも当然と言えるほど、風変わりな小説です。

    自分は、その風変わりさが、ルイス・キャロルのファンタジー小説に通じるものとして呑み込み、非現実な進行も含めて楽しむようになり、中盤からは予想もつかない展開にスリリングな興奮を感じるようになった口です。※なお、補足すると三月兎やハンプティダンプティ的なものは登場しません。あくまでもひと同士の想いのズレや行き違いを描いたものです。

    もっとも印象深い小説のひとつ。そう評したいです。

  • カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』が面白いと話題なので読んでみようかと思ったのだが、そう言えば『充たされざる者』が未読だったのを思い出して、読んでみた。

    時間も空間も歪んだ世界で、登場人物は何重にも重なり、悪夢のような(というか悪夢そのものの)不条理が延々と続くが、個々のエピソードが魅力的でグイグイと読ませる。大きな話の筋は世界的ピアニストのライダーが「町の命運は音楽藝術の解釈次第にかかっている」と信じられている町に招かれて演奏と講演を行うというストーリー。その枝葉として、やがて彼の義父であることが明らかになるポーターのグスタフとその娘ゾフィーとの不条理な関係、その関係と相似する名指揮者グロツキーとその元妻コリンズの関係、その関係と反比例する平凡な(しかし自己欺瞞の権化のような)ホテル支配人ハフマンとその婦人との関係、ライダーの幼少期と重なるゾフィーの息子ボリス、ライダーの青年期と重なるハフマンの息子シュテファンなどが描かれる。場面転換のたびに「あー、そちらに気を取られて本線を外れてはいけない」と思いながらも、話は枝葉から枝葉へと迷い込んでいく。

    長らくカズオ・イシグロで一番好きだったのは『わたしたちが孤児だったころ』だったのだが、『充たされざる者』はそれを上回るかもしれない。願わくば原著で再読してみたいところだが、長いからなぁ…。

  • 「わたしを離さないで」や「日の名残り」路線を期待していた私は思い切り肩透かしを食らいました ^^

    巻き込まれ型のスラプスティックなんですよ~!
    まー作者にしてみれば同じ路線ばかり期待されるのは
    芸域の狭さを言われているようで不本意なのかもしれませんが・・・好きなんですけどー、こういうのも~この路線ならもっと徹底している作家が何人もいるのでイシグロが頑張らなくても・・・
    ポール・ラドニックの「これいただくわ」とか、イーヴリン・ウォーの「大転落/ポール・ペニフェザーの冒険」とか、ヴォネガット辺りがお好きな人にオススメです。

  • 夢オチかとおもいながらよんだ。

  • これまでのイシグロ作品比べて長さ的にも内容的にも格段に読みにくく、つかみにくかったにもかかわらず、読後は本当にいろいろと考えさせられた。読書会があれば参加して見たいと初めて思った作品だった。不毛なコミュニケーション、過度な要求、ゆがんだ空間と時間、それが最後の電気技師で初めて噛み合う。しかし、ライダーは全然完成されていかない。また、本作は無名の登場人物が象徴的な意味を持っているようだ。

  • 長い…!
    読んでる間ずっと不安。
    読み終わってからも不安。なんか。

    だけど最後まで読んでしまったよ。
    そんな小説でしたよ。

    主人公がぐるぐるぐるぐる、ずっとどこからも抜け出せなくって。
    それに苛々苛々うーわーとか思いながら引きずられてしまう。
    しんどい。どんどんすれ違って、また違う問題に絡めとられる。
    非常にしんどい!うん。

    それぞれの登場人物が、
    主人公とところどころ重なっていくのがまたしんどかったよ。

    ぐるぐるした小説でした。長くて不安な小説でした。
    でも最後まできっちり読まされてしまう。

  • 何かを掴もうとして走っても飛んでもあと少しで手が届きそうなのに届かない。手が届く寸前で後ろから足を引っ張られ、新たな面倒事が立ち上がり、そちらに気を取られている間に追い求めてきたものが視界からフェードアウト、結局面倒事は収まらず、疲労困憊したところにまた面倒事・・・振り回されてくたくたになりながら、結局何一つ解決しない。歩いても歩いても辿りつかない恋人の部屋。急いでいるところに追いすがってお茶でも飲んで行けと熱心に誘う幼馴染。始まらない講演会。弾けないピアノ・・・これは間違いなく悪夢の舌触り。正統派英国リアリズムを追究した「日の名残り」でブッカー賞を受賞した後の作品がこれで、イギリスの書評家諸氏は大いに戸惑ったとか。評価もくっきり二分。個人的にはこれ好きでしたけど、賞貰ったりする類のもんではないですね確かに。

  • 充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) [文庫] [May 01, 2007] カズオ イシグロ

  • 読書とは苦しいものなのだよ、と思いながらなんとか読了。
    翻訳本にありがちな、どーにもならない鼻持ちならない文章ではなく、自然な日本語な上に読みやすい文体に翻訳していただいていますし、内容もすっと入ってくるんですが…

    とにかく、読み進めるのが苦しく、どんなに頑張っても1日2章か3章読めればよい方でした。

    なんだろう、この経験は。

    万人におすすめできない本の筆頭にあげられるかと思います。
    ですので、評価はできません…

  • 冒頭近くのエレベーターのシーンで、「なんだ?」と引っかかり、場面が変わるごとに関係性まで変わる頃にはこの小説が尋常ではないことに気がついた。
    多くの方が指摘されているように「カフカ的世界」で「城」のイシグロ版として読み進めていた。ただ、カフカの圧迫するような息苦しさはなく、登場人物たちの饒舌につぐ饒舌は異様でありつつもおかしみすら感じる。
    「遠い山なみの光」や「日の名残り」を書いた作家の同じ作品とは到底思えないほどの傑作。(上の二作も紛うことのない傑作であるのだが)
    彼の未読の本を抱えている者として、これもまた望外の幸せに違いない。
    すごいよ、カズオ・イシグロ。88

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

充たされざる者 Audible版 充たされざる者 カズオ・イシグロ
充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) Kindle版 充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロの作品

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする