充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

制作 : 古賀林 幸 
  • 早川書房
3.62
  • (24)
  • (46)
  • (42)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 562
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (948ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) [文庫] [May 01, 2007] カズオ イシグロ

  • ライダーは著名なピアニスト。中欧のこの国のある街に演奏会の招待できている。街をあげての記念式典だそうだ。タクシーでホテルに到着したが、迎えにでる人もなく、運転手がとまどうばかり。ようやくポーターが出てきたが、本来は支配人が出迎えるべきなのに申し訳ないと何回も詫びる。これから先もライダーは色々な人に用事を頼まれ、それを成し遂げようと努力するごとにまた不思議な出来事にさえぎられるということが続く。不思議な霧の中でお話がすすむような感じを受ける。

  • カフカ的世界が延々続き、呼吸が苦しくなってくる。もはやこれまでと本をとじかけ、それでも名残惜しく訳者あとがきに手をかけた。そこで救われて後半(と呼べるかは不明)は楽しく読んだ。
    カズオイシグロさんの作品は救いがないと思うのだが、根っこにユーモアがあるので読後感がどれも良い。
    原文で読めたらなぁ。
    訳者さんに脱帽です。

  • 人々は自分の理由をしゃべり、空間は自在につながる。

    名を成したピアニストのライダーは「木曜の夕べ」というコンサートに出演のため、ヨーロッパのある町にやってきたが、出会う人々からいろいろな相談を持ち掛けられ打合せもままならない。

    ホテルのポーター、ポーターの娘とその子供、ホテルの支配人、支配人の息子の若いピアニストなどが一方的に事情を話し出す。またそれに丁寧に応えてしまうライダー。またレセプションの会場、カフェ、ポーターの娘の部屋、写真撮影の建築物などががぐるぐると、あるいはドアからドアへとふいに現れ、途切れ、繫がる。

    ポーターの娘とその息子ボリスのアパートに行くあたりまでの7,80ページくらいまでは普通に事が進んでいくようだったが、人間関係と建物の位置関係がだんだん歪んで来て、しかし内容は人々のライダーへの一方的な相談が延々と続く。

    いつのまにかポーターの娘と息子のボリスがライダーの妻と子供になっていて、会話の内容も過激に、絵具を全色塗りたくったようなものになってゆく。いいかげん人々の独白に飽きて、ライダーがリハーサルできないのにいらいらしてくるが、だんだん混沌としてくるあたりから、ウォン・カーウァイあたりの映像でやったらけっこういいのでは、などと思い始めると、物語世界を楽しめた。

    全939ページ、厚さ3.5cm。上下にしたらきっと下を買う人は半分以下かも。1冊で重かったが途中斜め読みしてしまったが、なんとか読み終えた。

    カバー絵の黄色い街灯に照らされたこげ茶の建物と路地が内容にぴったりだ。一点透視の路地の先は歪んだ時空間に続くようだ。

  • この作家は、読者に霧のなかを歩かせる。名声高いピアニスト、ある街のリサイタルに招かれるが、住民の厄介ごとに巻きこまれ....。テーマは家族愛だろうか。最後救いあるけど、仕事人間のお父さんへのペーソスを感じる。どこの国、時代、家庭にもありそうな不条理。読み終えるのが難渋で、再読はしたくない。

  • 不思議と読み進めてしまう

    非常に独特で、つかめそうでつかめないような、笑えるような笑っちゃいけないような、ぬるぬるした小説。
    これは誰もが見る「夢」の共通言語で描いたというインタビューを見て、その描写のあまりの巧みさに気付いた。

  • 時間も歪み、空間も歪み、常にズレがある世界で起きる出来事は、現実なのか主人公ライダーが見ている長い長い悪夢なのか…
    モヤモヤとしたものに包まれているような感覚になりました。
    そして、ここまで登場人物達の言動にイラつかされる小説も珍しい。
    主人公に次々と利己的な頼みごとや相談を持ちかける人、何か起きても永遠と言い訳するだけの人…
    そして何よりライダーの身勝手さ、我儘さにイライラ。
    もう、ライダーに関しては最後の方はイラつきを通り越し「またか」という呆れが勝りましたが。

    でも、どんなにイラっとさせられても、途中で読むのを止めようとは思わない、むしろ早く続きが読みたいと思う小説でした。
    好き嫌いは大きく分かれると思いますが、私は面白かったし読んで良かったです♪

  • 160305 いらいらとわからなさに付き合う根気。しかし最後に感じとれるものがある。もう一度丁寧に読み返せば、もっと納得して感動できると思う。

  • カフカとかがお好きな方なら、きっとお気に召すに違いない、良い不条理具合(?)です。
    逆に、整合性を求める方には不向きなのかもしれませんが・・・。

    939ページもある大作ですが、不思議と、読んでいてイメージが映像化されて浮かびやすいです。
    どことなく、グリーナウェイの映画を観ているような印象を受けます。

  • 2013/04/24 購入
    2013/05/10 読了

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)のその他の作品

充たされざる者 Audible版 充たされざる者 カズオ・イシグロ
充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) Kindle版 充たされざる者 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロの作品

ツイートする