書店主フィクリーのものがたり (ハヤカワepi文庫)

  • 早川書房
3.76
  • (17)
  • (39)
  • (20)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 434
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151200939

作品紹介・あらすじ

島に一軒だけある書店の主フィクリー。偏屈な彼の人生は、ある日を境に鮮やかに色づきはじめる。すべての本を愛する人に贈る物語

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 素敵な物語。

    古き良き「北米文学」

    紙の本で、しかも文芸作品を読むという行為が既にノスタルジックになりつつある中でこの物語は古き良き北米(アメリカ合衆国とは言ってない)文学体験を思い出させてくれる。

    ポール・オースター、カポーティ、メルヴィル、フォークナー、ヘミングウェイ、ルーシー・モンゴメリ・・

    本を読むのが大好きだったし、書店が好きだったし、古本屋も好きだった。
    しかしいつからか読書から遠ざかり、お気に入りの書店は縮小され、或いは閉店し、気付けば電子書籍リーダーやらスマホやらで活字中毒の禁断症状を癒した事もあった。

    『いまやチェーンの大型書店もいたるところで姿を消しつつある。彼の見方では、チェーンの大型書店のある世界よりもっと悪いのは、チェーンの大型書店がまったくない世界だ。』(p.287)

    この物語は孤独、ひとりぼっちだった主人公たちが読書を通じて、書店を通じて、繋がりを得てゆく物語である。

    このプロセスはまるでモンゴメリの『赤毛のアン』よりもむしろ『可愛いエミリー』を読んだ時の体験に似ていたかもしれない。

    しかし、やがてAmazonや「電子書籍リーダー」の登場と加齢が迫ってくる。

    現代は、活字を、言葉を失いつつあるのだろうか。

    むしろ、我々はもう既に十分過ぎるほど言葉を失い、文芸を読むという行為を失い、豊かな感情体験をする機会を失い、共感する心もなくなりかけているのだろうか。

    読書は元来孤独な行為だったが、読書をする人はより一層孤独になってゆくのではないか。

    このようにも感じる事もある。

    そこで、『ぼくたちはひとりぼっちではないことを知るために読むんだ。ぼくたちはひとりぼっちだから読むんだ。ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぼっちではない。』(p.327)というフィクリーの言葉が刺さる。

    そして、各表題代わりの短編の名前とフィクリーの名で書かれた読書リストが、最後の最後に活きてくる。

    この素晴らしくノスタルジックで素敵な物語体験は本が好きでよかった、としみじみと感じさせてくれる。

    古き良き北米文学だった。


  • これはラブストーリーなのだな。
    序盤でノックスが引用されてたのがちゃんと伏線になってたりとか、著者のユーモアと愛情を感じる。
    自分が一番好きな本は何かって考えながら読んで『大きな森の小さな家』かなぁと思ってたのですが、なんとあとがきにでてきてキュンとしたので、忘れないように書いておきます。

  • 本を愛するすべての人たちに書かれた物語。
    自分が本好きで良かったと心から思える。
    書店主フィクリーと、彼をとりまく人たちがみんな本好きで、フィクリー自身も愛に溢れていて、ユーモアとウイットに富んでいて、物語の中でA・Jが紹介する本を含め、海外のものをたくさん読んでみたいと思った。
    本は、読んでみなければどんな感想を持つかもわからないし、生きていくこと自体もそういうものかもしれないなと思った。

  • 一万円選書の1冊。

    偏屈な本屋店主が、置き去られた1人の幼女を育てて行く過程で角が取れていき、周りの人との関わりが変わっていくお話。ジャンルとしては恋愛小説?

    店主が養女に残すオススメの短篇小説リストがエピソードの鍵でもあるが、とにかくアメリカの話で知らない小説、登場人物が多く、ジョークや面白みがあまり分からなかったり…分かったらもっと興味深く読めたのかも。

    冒頭に出てくる出版社営業の女性が偏屈店主に感じた通り、私も店主や展開が理解できず読み進めるのをためらったけれど、店主が変わり、彼女を始め、周りの人たちが店主を受け入れるように、物語が進むにつれてこの本を受け入れていけた。

    本を読むことについて
    "ぼくたちはひとりぼっちではないことを知るために読むんだ。ぼくたちはひとりぼっちだから読むんだ。ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぼっちではない"
    という店主の終盤の言葉がある。
    本との出会いが自分の世界を広げてくれるはず。

    読書から遠ざかっていたので、読み砕くのに時間がかかったけど、良いリハビリ。
    もうちょっといろんな本を読もうと思えたよ。

  • 2016年本屋大賞翻訳小説第1位。妻に事故で先立たれますます偏狭になる主人公、ある日書店に面倒をよろしくとの手紙がとともにマヤというオンナの子が置かれていた。島の書店主が大きく変化してゆくハートフルな物語。「ぼくたちは読む、そしてぼくたちはひとりぽっちではない」本屋を本を愛する人達にぜひぜひ。

  • ちょっと偏屈で寂しがり屋のフィクリー、「彼」なくしては始まらない。
    主人公なのだから当たり前だけれど、彼をとりまくランビアーズもイズメイもダニエルも、誰がほんのちょっと違っても全く別の物語になってしまいそうな気がする。
    登場する人々にひかれたのだ。
    1回ぽっきり出演の端役までもが魅力的。

    そしてじめじめした重たさを感じさせないこのさらりとしたタッチ。
    両方相まってさわやか。島に吹く風はこんな感じかもしれない。

    余談だけれど作家による朗読会、何かの気づきにつながることもあるようで、ちょっと興味がわいてきた。

  • マヤが賢くてかわいい。
    ほどよいハッピーエンド。
    本が生活に溶け込んでいて、本がもっと好きになる。
    中に出てくるタイトルの本も読んでみたい。

  • 本屋大賞か何かを取っていたはずだが、結構陳腐というか、普通というか。

  • そこは本屋なんて一軒あればこと足りてしまうような小さい島。
    でも愛しい人達がたくさん住んでいるんです。

    (以下抜粋)
    ○小説というものは、人生のしかるべきときに出会わなければならないということを示唆している。覚えておくのだよ、マヤ。ぼくたちが二十のときに感じたことは、四十のときに感じるものと必ずしも同じではないということをね。(P.61)
    ○本屋としては、賞をかちとることが、セールスにはかなり重要だが、小説の質に関しては、それはほとんど関係ない。(P.251)

  • 2019/2/1

    本屋大賞で一位になった理由がよく分かる。これは本が好きな人間には堪らない本だから。私にも2歳の息子がいるので、マヤを愛さずにはいられないフィクリーの気持ちはよく分かる。単たるハートウォーミングだけでない、皮肉やウィットの効いた台詞がここちよかった。電子書籍リーダーが出てくる小説は初めて読んだ。

全39件中 1 - 10件を表示

ガブリエル・ゼヴィンの作品

書店主フィクリーのものがたり (ハヤカワepi文庫)に関連する談話室の質問

書店主フィクリーのものがたり (ハヤカワepi文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする