オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

制作 : Agatha Christie  中村 能三 
  • 早川書房
3.91
  • (270)
  • (296)
  • (319)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 2064
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300080

作品紹介・あらすじ

厳寒の季節に似合わず国際列車オリエント急行は世界各国からの乗客でいつになく混んでいた。一癖も二癖もある乗客たちが作る異様な雰囲気のなか、雪で立往生した車内で、老富豪が何者かに刺殺された。名探偵ポアロが腰を上げたが、乗客のすべてには堅牢なアリバイがあった…大胆なトリックに注目の著者の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偶然ポアロが乗車したオリエント急行内で起きた殺人事件。会社の重役から依頼を受けて、捜査に乗り出す。
    乗客からの聞き込みを開始するが、個性豊かな13人にはそれぞれアリバイが存在し、捜査は一向に進展しないように見えた。繰り返される証言の中で次第に明らかになる被害者との関係。ポアロの明晰な頭脳が動き出したとき、一つの仮説が浮かび上がってくる・・・。

    とても有名なミステリーなので、多くの人が何らかの形でその内容を知っていることとと思います。
    私もかつて読んだことがあったのではないかと思うのだが、今回読んでみると印象はずいぶん違うものであった。映画のイメージが強く残っているせいかもしれない。とはいえ、それもずいぶん以前のことなので、輪郭くらいしか覚えていなかった。
    それにしても、本書はあっけないくらいあっさりしている。初めて読んだときは、鮮やかな推理に驚いたに違いないと思うのだけど。
    映画では殺人の場面の映像もあったような。(記憶も怪しいが)もう少し詳しく、登場人物たちの心象も描かれていたように記憶しているけれど。

    なめらかな訳で読みやすく、まるで日本のミステリーを読んでいるように錯覚してしまうから、余計に現代のミステリーと比較してしまうのかもしれない。
    最近のミステリーは、とにかくエピソード盛りだくさんで、拡散した状況が見事に収束したり、加害者や被害者の心理が丁寧に描かれていたり、時系列が前後しながら謎を深めていたりで、そのまま映像化できそうな程書き込まれていると思う。
    ミステリーが発展する中で、クリスティーの描く作品たちは一時代を築き、今でも多くの読者を魅了してやまないのも事実。現在の日本のミステリーがそういった経過の先に連なっているんだよね。

    どうやら三谷さんの脚本で本書がドラマ化されるとか。配役はどうなるんだろう・・。お正月まであれこれ考えながら楽しみに待つことにします。

  • 映画の公開前に原作を読んでおかねばと思い、読了。デイヴィッド・スーシェ主演のドラマ版を見たので結末は知っていたが、文体とプロットにぐいぐい引き込まれて飽きるところが無かった。ジグソーパズルのような証言の数々は、つい自分でも組み合わせたくなってしまう。登場人物の国籍が様々で、今は何語で会話が進んでいるのだろうかと想像するのも楽しかった。

  • Murder on the Orient Express(1934、英)。
    ポアロ・シリーズ。シリーズの中でも、特に知名度の高い作品。

    猛吹雪で足止めされた列車内で、老富豪が何者かに刺殺された。偶然乗りあわせたポアロが捜査にあたるが、乗客全員にアリバイがあることが判明する…。

    トリック自体はアリだと思うが、推理の過程が論理を超えている、というか、ほとんど勘なので、推理小説としては微妙。しかし、物語としては面白かったのでOK。ドラマティックなラストが印象的。

  • 何回読んでもやっぱり面白い。オリエント急行クラスになるとびっくりするほどサラッとネタバレされるのでトリックを知る前に読めたのはよかったと思う。もちろん犯人が分かってても十分面白い。

  • 以前、読んだことがあったけど
    ラストを忘れてしまっていたので再読。
    素晴らしい~。
    ミステリーはあんまり好きじゃないけど
    本当によくできていた。
    他の作品も読んでみたくなった。

  • 予想外の結末に「そうきたか」しかない。
    これは星5つ評価を付けざるを得ないと思った。
    この人が犯人じゃないかとかあの人が怪しいなどと勝手に推理していた自分が馬鹿らしくなる。


    ミステリー好きなら一度は読むべき。
    素晴らしい作品だから。

  •  犯人がわかったとき、ずるいなあと思いました…。状況をよーく考えたら、わかるかもしれない。頭を柔軟にして、ポアロよりも先に真相を解いてほしいものです。

  • 小学校の時読んで、もう一回読み直した。犯人も展開も忘れてたので楽しめた。
    最後の最後まで犯人が分からないところが、やっぱり最高。乗客全員が犯人なんてすごい結末で、思いもつかないしそれを書き上げるのはアガサのすごいところ。
    ポアロのいいところは勧善懲悪じゃないところ。復讐が動機だったけど、犯人を何も言わずに見逃したところがすごく良かったし、胸に残った。

  • 1日で一気に読み終わってしまいました。
    無意識のうちに、です。
    それほど、話に引き込まれました。

    まさかまさかの、展開。ビックリです。

  • 有名な作品で、どっかで見た映画でトリックは知ってたのだけど、まあ読んでおくか、ということで…映画の方がいいかもね(おいおい)。トリックを知らない人はぜひお早めに。

全251件中 1 - 10件を表示

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のその他の作品

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)に関連する談話室の質問

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする