ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

制作 : 三川 基好 
  • 早川書房
3.82
  • (71)
  • (96)
  • (98)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 675
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151300820

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっているーー」「すべてがある点に向かって集約していく…そして、その時にいたるーークライマックスに!ゼロ時間だ。そう、すべてがゼロ時間に集約されるのだ」
    アガサクリスティの作品の中でこれほど洗練された題名はそうあるものではない。殺人を結果と捉え、全ての出来事が行き付く先を“ゼロ時間”と表現した辺り、天才的としか言いようがない。また、序盤でタイトルでありキーワードとなる“ゼロ時間”が早々と紹介されるのも珍しい。よくポアロシリーズやその他の作品を読んで思うのだが、クリスティは出だしが実に自然で、「さあ、これから物語が始まるぞ!」という気がしない。それどころか、まるで登場人物の生活を覗き込んでいるかのような錯覚に陥る。だが、今回は違う。ゼロ時間というキーワードを軸に物語が展開していく。この事件におけるゼロ時間とは、いつか。普段のクリスティとは違った視点から読み進めていくことができた。題目と序盤。この作品において着目すべきは、この二点である。実に洒落ていて、格好良い作品だ。

  • タイトル通りゼロ時間へ収束していく物語の流れが非常に飽きさせなくできていてとても面白かったです!
    バトル警視の5冊目
    最後の本と言うことですが
    これが初めて読んだバトル警視の物語になりました。
    このバトル警視
    物語の中で非常に聡明で落ち着いて読み進めていくことができました。
    毎回のことですが
    キャラクターの描きかたが素晴らしいです!

  • ああー、やっとわたしの好みのクリスティが見つかったかも?!!榛野なな恵のマンガで読んでいたせいかもしれないけど、これはすごくおもしろかった、楽しんで読めた。まさにわたしが想像していたクリスティはこういうのだ! イギリス風で(どんなだ)エレガント&リッチ(どんなだ)な感じでちょっとロマンティックで。しかも読後感がさわやかなのがうれしい。おどろおどろしくないし、こわくないー。そして、夫と前妻と今の妻とか、犯人の資質とか、なんだかすごく現代的だなーと。こういう話、今の小説にもありそう。こういう路線をもっと読みたい。

  • クリスティの野心的な作品。
    殺人が起こってから犯人を推理するのではなく、殺人が起こる時点へと向けて物語が進んでいくのだ。
    その前に一つ殺人事件が起こるが、それすら犯人の目的を達するための一段階でしかない。
    凶悪な犯人の完全犯罪は成功するのか否か。

    クリスティの生み出した探偵役としては地味な存在のバトル警視だが、本作品では奮闘する。

  • まあ解決のきっかけが運に頼りすぎ、という気はするけど
    なかなか面白かった。
    思わず乗り過ごすくらいに(おいおい)。

  • どのように話がつながっていくのかな、と思って読んでいったけど、後半から話がどんどん進んでいって、いろんな要素が噛み合っていって、犯人が特定される過程がおもしろかった。犯人の特徴がちょうど読んでいた別の本と関連していて、いつの時代にもこんな人は存在しているんだな、と複雑な気持ちになった。ポワロは出てこないが、登場人物の会話にポワロのことが出てくるのがなんだかうれしかった。

  • クリスティーが得意とする、遺産相続と男女間の嫉妬を背景にして起こる殺人事件。ポアロ、マープルではなく、バトル警視が探偵役であるのは、犯人をいったん見誤るという状況を作り出すためだろうか。冒頭のバトル警視の娘の出来事や、後半で目撃証言者となるマクハーターの話がうまく真相とつなっているところに、ミステリーの女王の匠の技を感じた。
    この事件の核となるトリックについては、私はこれまでに、クイーン、横溝正史、有栖川有栖の作品で使われているのを知っている(クイーンの作品の方が書かれたのは約十年も前)。本作品では、アリバイが問題にされていないので、このトリック自体はそれほどうまく活かせていないと感じた。また、マクハーターの目撃証言者が出てくるまでは、犯人を特定するような決め手に欠ける事件の状況であり、ミステリーとして特に特筆するような内容を持ち合わせていないと感じる。ただし、動機に関してはひねりがあって、かなり屈折した動機なのだが、個人的にはその心情は理解しがたい。
    「殺人は終局であり、物語ははるか以前から始まっており、あらゆるものがその終局、ゼロ時間の一点に集中されている」という、作品中で弁護士トリーヴスが語っている言葉を体現するような作品を書きたかったというのが本作品の創作意図ではないだろうか。
    本作品は事件を取り巻く人物の配置が絶妙であり、人間関係をうまく構築して、人物を適切に配置さえすれば、事件は起こるべくして起こるということなのだろう。

  • 2018/04/22読了

  • アガサクリスティーの作品にはまり、続けざまに読んでいます。

    本作品にはポアロは出てきませんが、よく相棒となるバトル警視が主人公となり物語を進めていきます。序盤はさまざまな登場人物が出てきて関係性がよくわからなかったのですが、次第に不穏な空気になっていき、事件が起こってから収束まではスピード感がありました。

    ある程度ポアロシリーズを読んだ後の方がいいかもしれません。初めてのひとは前振りの長さにうんざりしてしまうかも。

    トリックにはちょっと無理があるようにも思いましたが、登場人物たちの人間模様と相まってなかなか味わい深く読み終わりました。

  • ★3.5
    昔、数冊読んだことがあるだけのクリスティ。最近、P・D・ジェイムス作品を立て続けに読んだせいか、クリスティのライトな書き味に驚いた。加えてこんな昼メロみたいな人間模様を書くんだなーと新鮮な驚きも。
    終盤キーになる人物の行動が唐突すぎることや、何事かを企んでいたと思われる人物が何を狙っていたのかが結局分からず終いで少し消化不良。ただ、伏線から真相まで良くまとまっていて面白かったので、他の作品も読んでみたい。

全81件中 1 - 10件を表示

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のその他の作品

ゼロ時間へ (クリスティー文庫) Kindle版 ゼロ時間へ (クリスティー文庫) アガサ・クリスティー

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)に関連する談話室の質問

ゼロ時間へ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする