アーサー・ミラー〈2〉るつぼ (ハヤカワ演劇文庫 15)

  • 早川書房
3.67
  • (4)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151400155

作品紹介・あらすじ

実直な農夫プロクターは召使いの少女アビゲイルと一夜の関係を持ってしまう。少女はプロクターを我がものにすべく、神の名のもと彼の妻を「魔女」として告発。折しも村人の悪魔憑きへの恐怖や日頃の相互不信と相まって、村には壮絶な魔女狩りの嵐が吹き荒れる…17世紀の実話に基づく本作は、1953年に発表されるやマッカーシズムに揺れる米国に衝撃を与えた。峻厳すぎる正義と暴走と人間の尊厳に鋭く迫る、巨匠不朽の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホーソーンの短編集を読んで気になった「セイラム魔女裁判」。この戯曲もそれを扱っていると知って興味を持ったのだけど、ウィノナ・ライダーの映画『クルーシブル』の原作がこれだったんですね。アーサー・ミラーの戯曲を読むのは初めてでしたが、ト書きというわけではなく戯曲の途中にかなり長文の解説(ほとんど小説風の)がちょいちょい入るのに驚きました。演者むけの説明だったのでしょうか。

    舞台は1692年、マサチューセッツ州セイラム。牧師パリスは娘ベティの病気を心配している。一緒に暮らす姪のアビゲイル、混血の召使のティテュバらと、ベティを含む村の娘たちは火を囲み踊っているところをパリスに見つかり、悪魔付きを疑われているのだ。そこへ続々やってくる村人たち、強欲なパトナム夫妻、信心深い老女レベッカ・ナース、そしてアビゲイルがかつて女中奉公していた家の主ジョン・プロクターら。彼らの言い分から、村人たちの歪な人間関係や土地をめぐる揉め事が浮き彫りになる。さらにジョン・プロクターは妻がありながらアビゲイルと関係を持ったことがあり(妻エリザベスに勘付かれアビゲイルはクビになる)アビゲイルは今もプロクターを愛している。

    悪魔祓いのため呼ばれたヘイル牧師、自己保身と金にしか興味のないパリス牧師、頭の固い判事たち(ダンフォースとホーソーン。ちなみにこの戯曲ではホーソーンのほうが冷酷な人間として描かれている)らの追及にあった娘たちは、次々に「魔女」として村の女性たちの名前を挙げ始める。プロクターを愛するアビゲイルは当然、彼の妻エリザベスを陥れようと彼女の名前も魔女として密告し・・・。

    もともとは、少女たちの一種無邪気な遊び(恋占い程度の)だったことが、やがて集団ヒステリーを引き起こし、言ったもの勝ちの密告合戦となる。ご近所トラブルの恨みなどから、どんどん相手を陥れ、信仰バカの無能牧師と判事たちはそれを鵜呑みにして次々と名前のあがったものを逮捕、魔女だと認めれば許されるが、認めなければ絞首刑。つまり嘘をつける者が生き残り、本当に正しい者は死ぬしかなかった。ものすごい狂乱。史実として最終的に200名近い村人が魔女として告発され、19名が処刑、1名が拷問中に圧死、2人の乳児を含む5名が獄死することになる。

    正直、読んでいるあいだずっと気分が悪かった。プロクターはじめ、妻を訴えられた男たちが妻の無実をはらそうと奔走するが判事も牧師も取りあわず、ヒステリックな少女たちの叫びのほうは信じる。アビゲイルの邪悪さこそまさに魔女。途中でヘイル牧師だけがやや正気にかえりこのきちがい沙汰を止めようとするがもはや集団狂気の暴走は止まらない。恐ろしすぎる・・・。どうやったら真実を証明できるのかというジレンマ、そもそも、真実など誰も求めていなくて、ただただ自分ではない誰かが苦しむことで憂さ晴らしをしているだけ。しかも正義の名のもとに。現代の炎上文化と照らし合わせて、いろいろ考えさせられてしまう。叩ける相手をみつけ次第、魔女だと叫べば正義は我にあり、みたいな。

    終盤、たとえ処刑されても自分を貫こうとするレベッカやプロクターの姿に美学を感じられることがかろうじて救いとなっているけれど、なかなかストレスのたまる読書だった・・・。

  • 原題THE CRUIBLE by Arthur Miller

    1692年にマサチューセッツ州セイラムで起こった魔女狩りの歴史的事件を元に書かれた

    映画化タイトル 橋からながめても

    イギリス国王ヘンリー8世が王妃キャサリンとの離婚をめぐり、ローマ教皇と対立
    1534年に英国国教会をたてた

    1570年までは祈祷、教義はプロテスタント的
    儀式慣習はローマカトリック的

    1560年頃から、全てをプロテスタントのかたちに近くしようとする活動が見られた
    これがピューリタン(改革派)
    急進的改革派を、セパラティスト分離派
    彼らがメイフラワー号でアメリカへ

    ピューリタリズムには2つの特徴がある
    1禁欲的、娯楽排除、華美贅沢禁止
    2神以外の権威に屈しない


  • 2017年2月12日紹介されました!

  • 1692年マサチューセッツ州セイラムで起こった魔女裁判を描く。ここでミラーは人物の整理などを行っているが、ほとんどは史実そのものを劇化する方法をとった。「わたし達はそういう迷信に頼ることはできません。悪魔は綿密です」―迷信の横行する前近代の話ではないのだ。人々は、魔女の告発を受けてしまえば、告白するかさもなければ嘘をついているとして処刑されるしかない。現実の事件では19名の処刑者と、6名の獄死者がいた。告発された村人は200名にものぼったという。そして、これらはすべて法の正義と神の名においてなされたのだ。

  • これを単に「無知だった過去にあった出来事」として終えることはできない。今現在も、これと似たようなことはそこかしこで行われてしまっている。自分がその時代の、その場所での少数派になってしまうことに対する恐怖をどう克服すべきか、たとえ虐げられる側に経つことになってしまっても誠実さを失わずにいられるか。一人一人がもっと真摯に考えなければならない普遍的な問題が書き出されていると思った。

  • 18世紀末、だっけ?アメリカのセーラムであった魔女狩り事件をもとに戯曲化された作品。
    小娘のいたずらから、村を巻き込んだ魔女裁判に発展。
    いまでも記憶してるのはこんなセリフ(うろおぼえ・・・)。
    「だれもが恐れて真実を話したがらない!だから、神はこの村を選んで罰をくだされたのだ!」
    マッカーシーによる赤狩り批判の書として解説されることがあったみたいだけど…。
    現代の「魔女狩り」を考えるうえでも役立つかも・・・。

  • 学校の課題で読みました。こんな時代があったんだなあ。
    恐ろしいです。
    でも現代でも似たようなことはあるんですよね。

  • 『だまされない議論力』吉岡友治 の巻末の読書案内に出ていたもの。そのうち読む予定-「原語のトリックが虚偽の真実を作り上げていく不条理を活写した名作脚本」

  • 僕の好きな話です。映画「クルーシブル」の原作です。
    映画ではダニエル・デイ・ルイスが出演しております。

    この戯曲にでてくるヘイル牧師が好きです。

  • 未読

全12件中 1 - 10件を表示

アーサー・ミラーの作品

アーサー・ミラー〈2〉るつぼ (ハヤカワ演劇文庫 15)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×