ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : ヘレンハルメ 美穂  岩澤 雅利 
  • 早川書房
4.08
  • (557)
  • (689)
  • (305)
  • (44)
  • (10)
本棚登録 : 4258
レビュー : 470
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151792519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長い!
    そしてつまらんのですが我慢です!

  • 映画は鑑賞済みでしたが楽しめました。

    リスベットとミカエルの2人の視点で
    ボリュームあるけど中だるみなく
    おなか一杯になる
    エンタメ要素がたっぷりのミステリーという感じ。

  • 評判通り、読みやすく、ぐいぐい引き込まれて行きます。
    登場人物が多いので大変。
    どんなラストが待っているのか楽しみです。
    名探偵カッレと長くつ下のピッピも読みたくなってきました!

  • 面白い!一気に6巻読んだ。
    性犯罪がテーマなので苦手な人は避けた方が良いかも。

    メディアリテラシーについて考えさせられる。精神病院にいたことがあって、刺青が入っていて・・・そういう人が「犯人です」と報道されれば誰だって信じてしまう。

  • 登場人物も多く、各々の関係、事件との絡みなどが理解するのに難しい部分もあったり、謎を紐解くのに、多方面から真実に繋がりそうな何かが出て来るのかな、それらが解決につながるのかなと感じたり、性描写が多々あり、見ているのに辛くなってしまう部分もあったが、「ミレニアム」のことと、ある事件の背景、富豪が何か事件につながる鍵を持っているのではないかと思わせるものと真意は如何程にという謎があったりも感じる。多方面から色々な手がかりが出てきそうな感じもしたり、謎が深まりそうな気配を感じる。下巻へ。

  • 映画三部作はかなり前に見たんだけど、あまりのエロさグロさに辟易して、原作を読むのは後回しにしてた(>_<)
    大筋は忘れちゃったから、むしろ結果的にはそれで良かったかも( ´ ▽ ` )ノ
    めっぽう面白いんで、びっくりぎょうてん( ´ ▽ ` )ノ
    スウェーデン小説なんて、それこそ子ども時代のピッピ以来だろうけど、米英の小説と大して違いはないね( ´ ▽ ` )ノ
    翻訳文もすごくいい( ´ ▽ ` )ノ

    内容は、内向的な不良少女の受難&復讐劇と、富裕旧家のドロドロあばきの同時進行( ´ ▽ ` )ノ
    前者はキル・ビルっぽくてありがちはありがちだけど、キャラがたってて(主演女優、北欧系にしては貧乳すぎと思ったけど、原作リスペクトのキャスティングだったんだね)目が離せない( ´ ▽ ` )ノ。映像で見るとエグすぎるから、これはやっぱり活字で楽しみたい( ´ ▽ ` )ノ
    後者はまるで横溝正史の世界( ´ ▽ ` )ノ。もしくはヴィク・ウォショースキーの世界か( ´ ▽ ` )ノ。世界中どこにでも、ああいう話とそれを求める読者層がいるんだね( ´ ▽ ` )ノ
    二つの話の主役がいつどこで合流するか、ハリエット失踪事件の真相はどんなものなのか……映画のストーリーを完全に忘れちゃってるから、楽しみ楽しみ( ´ ▽ ` )ノ


    ちなみに「ミレニアム」っていうと、どうしてもランス・ヘンリクセン主演のドラマ(とそのノベライズ版)の印象が強いんだよなあ( ´ ▽ ` )ノ
    あれもあれで、結構好きだった( ´ ▽ ` )ノ
    2017/05/23

  • 読書日:2017年5月6日-5月8日.
    Original title:Män som hatar kvinnor.
    Author:Stieg Larsson.
    Sverige小説を読んだのは『Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige(ニルスのふしぎな旅)』以来です。
    Dame Agatha Christieの様な躍動感のある推理が非常に面白く、途中で休憩を入れる事が難しかったです。

    "スウェーデンでは女性の四十六パーセントが男性に暴力をふるわれた経験を持つ"
    折に触れてこの一文を目に度に、この物語に深く関係していると感じました。
    またこの国は男女平等で男女間の差異が無いと思っていたのでこの一文は驚きました。

    Lisbethがあの様な事に合わされましたが、Harrietが途中から大人しくなった事を考えると何かこの一文に関わっているのではと思えてなりません…。

  • 3月28日読了

  • 「ドラゴンタトゥーの女」を先に見てたのでカタカナ多めだったけど読めた。ちょっと展開が違うのね、ミカエルはもてるなー。

  • マッチョなおじさんの考えた下品で独りよがりな妄想の産物。気色悪い。
    原作に合わせたという意味ではリスベットが女言葉で話すのはそれでいいのだと思うけれど、あの人物像で女言葉使うのは違和感しかない。やっぱり気持ち悪い

全470件中 61 - 70件を表示

スティーグ・ラーソンの作品

ツイートする