ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : ヘレンハルメ 美穂  山田 美明 
  • 早川書房
4.20
  • (413)
  • (481)
  • (168)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 2676
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151792533

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんかタラタラした出だしだなあ……(´ェ`)ン-…
    大金を手にしたリスベットちゃん、自分探しの世界旅行したり、イケアで大人買いしたり、豊胸手術(!)を受けたり……女子力磨きに精を出してるけど、そういうキャラだったの?(・_・)
    ぜんぜんハードボイルドの主役っぽくない(>_<)
    特に豊胸手術については、先月マタヨシ先生原作のドラマ「火花」(の最終回)を見て衝撃を受けたばかりなので、いい印象を持てなかった……(´ェ`)ン-…

    もう一人の主役ミカエルていうのも、何なんだ、こいつ……(´ェ`)ン-…
    親しくなった女性全員と寝るのが彼の流儀なのか?……(´ェ`)ン-…
    まるで村上春樹世界の住人というかボノボというか、さすがにハリエットさん(いくつだよ)とまでコトを致したとあっては、失笑する他ない( ´ー`)フッ
    ほか、女編集長(とその夫)の生活スタイル&信条も奇妙キテレツだし、リスベットのレズだちも変態だし……(´ェ`)ン-…
    数少ない「まとも」(警察にとっては退屈だとよ)な登場人物は下巻に入る前にあんなことになっちゃうし……(´ェ`)ン-…
    正直、こんな奴らを応援する気にはまったくなれない(>_<)

    リスベットとミカエルの接触がすべて「偶然」だったり、全体に雑さが気になる小説……(´ェ`)ン-…
    第一部より明らかに劣化(>_<)

    唯一、ミカエルがデボラ・ハリーの「マリア」を聴いてたのには好感( ´ ▽ ` )ノ
    あれはいい曲だ( ´ ▽ ` )ノ


    それにしても、なんで原題「女を憎む男たち」が「火と戯れる女」になっちゃうんだ?(゚.゚)
    ハヤカワさん、センスないなあ……(´ェ`)ン-…
    まあ、映画版で覚えてるのは確かにあの放火シーンだけではあるけれど……(´ェ`)ン-…

    大した期待は抱かずに下巻へ……

    2017/06/01

  • 2013.1

  • 一部のおさらいをしながらで、話があまり進みません。そのまま下巻に突入~

  • 2013.1

ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

ミレニアム2 上 火と戯れる女 ペーパーバック ミレニアム2 上 火と戯れる女 スティーグ・ラーソン

スティーグ・ラーソンの作品

ツイートする