ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : ヘレンハルメ 美穂  岩澤 雅利 
  • 早川書房
4.35
  • (450)
  • (384)
  • (102)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 2374
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・本 (583ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151792557

作品紹介・あらすじ

宿敵ザラチェンコと対決したリスベットは、相手に重傷を負わせるが、自らも瀕死の状態に陥った。だが、二人とも病院に送られ、一命を取りとめる。この事件は、ザラチェンコと深い関係を持つ闇の組織・公安警察特別分析班の存在と、その秘密活動が明るみに出る危険性をもたらした。危機感を募らせた元班長は班のメンバーを集め、秘密を守る計画を立案する。その中には、リスベットの口を封じる卑劣な方策も含まれていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回の上はなかなか動きが激しかった。

    もしかしたら1.2.3の中で一番かもって
    それほどの期待を抱かせてくれた。

    これから起こるであろう
    大きな戦いの予感を感じさせる
    うまい盛り上げ方だ。

    下に期待大だ(^^)/

  • 前作に続いて重傷を負って入院しているリスベット。弁護士以外の面会は認められず、公安からは口封じの為に精神病院へ入れられそうになりそしてそんなリスベットに必死に連絡を取ろうとするミカエルの活躍にはドキドキ。
    誰が味方なのかホントに話していいのか?読み進めていくのもドキドキ。
    今後裁判が始まってどのように反撃していくのが楽しみ。

  • 登場人物多くてパンクしそうになりながらもスムーズに読めるのは書き手のテクニックありきなんだろうな。
    いよいよ次がラストかー。感慨深い。

  • ザラチェンコを襲い、その顔と足に斧を突き立てたリスベットだったが、頭部に弾丸を受け、病院へ担ぎ込まれる。
    優秀な医師の処置により、奇跡的に生還したリスベットは、ザラチェンコの2つ隣の部屋へと入院させられた。
    ザラチェンコも一命をとりとめ、お互い重症を負いながらも、互いの命を狙っていた。

  • 各チームの情報戦が熱い!
    長い長い物語も次巻で終わりって寂しいな
    ラストはリスベットに大活躍して欲しい次第です。

  • 3部作ついに完結。リスベットが過去とついに決別をはかる。やっぱりリスベットと言えばハッキング。今回もそれが遺憾なく発揮される。テレボリアンとの裁判での闘いは思わず胸が熱くなる。

  • 残念なのはリスベットが病院に閉じ込められたままなこと。
    陰謀企てるおっさん達のスパイ大作戦は渋いし、デキるおばさま達は凛々しいけど…。
    後半に期待します。

  • まさに完結に向けて全力疾走といった感じだろうか。プレイグが掃除に一念発起してくれて何よりです(笑)いよいよリスベット・サランデルの因縁の過去に終止符が打たれるのかな(^O^)
    終わってしまうのがすごく残念。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「終わってしまうのがすごく残念。」
      私も3上を読み終えた時、深呼吸しましたね、ラストに突入だ!って。。。
      「終わってしまうのがすごく残念。」
      私も3上を読み終えた時、深呼吸しましたね、ラストに突入だ!って。。。
      2013/02/26
  • 前作のラストで重傷を負い、入院して身動きがとれないリスベットに危機が迫るくだりを読んでいて、「そういえば、『バナナフィッシュ』(吉田秋生)のアッシュ・リンクスにもこんなシチュエーションがあったなぁ」と、ふと思い出した。そして、リスベットとアッシュには、いくつか共通点があることに気付く。高い知能や優れた運動神経の持ち主であるほか、精神に異常を来した凶悪犯の汚名を着せられたり、ジャーナリストの援軍がいたり、思い当たる点がいくつか浮かんでくる。今時のスウェーデンのミステリー小説と、25年以上前にスタートした日本のコミックの主人公が、時代を経て思いがけず交錯したようでうれしく、そして懐かしかった。意見の違い、性別の違い、民族の違いなど、他者と自分の隔たりにどう折り合いをつけるのか、深く考えさせられるこのシリーズも残すところ、あと1冊。はじめのうちは、あちらの長~い人名・地名に戸惑ったけれど、最近では固有名詞が(頭の中で)心地よく響くようになった。

  • 一巻から三巻までの総評。
    シリーズを通してこの本の素晴らしいと思ったのは、社会問題を上手くストーリーに絡ませているところ。
    不法に稼ぐ投資家、少女達の人身売買、家庭内暴力や強姦、公安警察の情報隠蔽等、許されてはいけない悪事がストーリーち巧みに絡んでいたる。著者がジャーナリストだからこそ書けたのだろう。
    この『ミレニアム』を通し、目に見えない問題が、私達にふりかかっているという事実を知らせようとしたのではないだろうか。

    あとがきによると四巻もあったそう。リスベットの妹のことが書かれていたと思うと、著者が亡くなってしまったことが残念でならない。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「四巻もあったそう」
      そのうち、問題が解決して公開されますよ←と信じて待っている。でも5巻目は有り得ない。どちらにしても未完。淋しい話です。
      「四巻もあったそう」
      そのうち、問題が解決して公開されますよ←と信じて待っている。でも5巻目は有り得ない。どちらにしても未完。淋しい話です。
      2012/08/28
  • 登場人物が多くて、混乱してきた。
    面白いんだけどやっぱ1が良かったな〜と思ってしまう。
    頭に穴あいたら死ぬんじゃないかなぁ。
    とにかく、早く下を読もう。

  • 最後の最後でリスベットが成長して大人になったなぁとほっとしました。

  • カンソウハゲカンニテ

  • 先に映画を見ていて、直後に読んだのですが、3に関しては、映画は薄っぺらくて、小説の方が断然濃くて面白いです。映画では、エリカの身の上が一切省略されています。

    リスベットも、小説の方が心の移り変わりや、心の機微が感じられて、とても豊かな感情を持っている人物(表現は論理的で少ないが)に描かれています。

    全ての点と線が繋がり、集結してスッキリしました!ミカエルのフェミニスト故に女たらしの性格だけが、最後まで馴染めませんでしたが(´Д`ι)

  • やはり面白い
    これだけ登場人物が多いのに引き込ませるのはさすが。

  • 2巻に比べると非常に面白い。いや、2巻があってこその3巻なのだが、まさかこういう形で面白くなるとは予想していなかった。複雑に深く絡み合う事件の真相が、徐々に明らかになっていく過程が素晴らしい。後半からハラハラしっぱなしで、物語に強く引き込まれる。お気に入りのシーンはたくさんあるが、一番はエリカがSMPで奮闘している姿だ。ある記者に話した言葉が印象的である。たしか、出口治明氏も似たようなことを言われていた。その時は、ネタではなくニュースの解釈方法だったか。

    「そのネタを流したのは誰か、どんな理由で流したのか、それによって利益を得るのは誰かを調べるの」

  • "リスベットとサランデルの親子対決は、あっけなく第三者の登場で決着がつく。その第三者の存在が第三巻「眠れる女と狂卓の騎士」のストーリーを引っ張るガジェットだ。
    国家的な陰謀が渦巻く世界を多くの登場人物がそれぞれの役割を演じ、次の展開が待ち遠しい。ジャーナリストは多くの証拠を確保しつつ公表のタイミングを手探りする。陰謀をめぐらす側は、着実に証拠を隠滅し、主要人物を消し情報操作も繰り広げる。
    手に汗握る展開に我を忘れて読みふける。
    さぁ下巻を手に引きこもろう。"

  • こんなにドキドキしながら読み進められる小説は少ない。
    次の1冊で終わってしまうことが寂しい。

  • ミレニアム2からの完全な続きのため、初っ端から息のつかせぬ展開に、過去のシリーズ以上に没頭した。

  • 実質的に、ミレニアム2と一続きなのだが、3になってから物語の幅が一気に広がって、政治サスペンスの様相を呈してきた。もはや純然たるミステリとは呼べないかもしれないが、面白いからそんなことはどうでもよい。

    リスベットの幼少期の秘密が明らかになったが、家族同士の闘争がすさまじい。
    いくらお互いに愛情がなくてもこんなになるものだろうか。

    これが日本国内を舞台にしたらどんな物語が産まれるだろうかとふと考えた。福井晴敏あたりならよい作品が作れるかもしれないと思った。

    いざ下巻へ!

全190件中 1 - 20件を表示

スティーグ・ラーソンの作品

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする