ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

制作 : ヘレンハルメ 美穂  久山 葉子 
  • 早川書房
3.80
  • (8)
  • (29)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 230
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784151830037

作品紹介・あらすじ

懲役刑を受けたリスベットは女子刑務所に収容されていた。彼女は看守までをも支配するギャングと対決することに。シリーズ最新刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんか、普通のミステリーと同じくらいの
    面白さになった様な感じ…
    多分こういうことがあるんだろうな…
    の域を出ない。
    出だしは良くて、本家の人よりも長〜い細部(下準備が長い)が削られてて読みやすいけど…で下巻へ

  • 『ミレニアム』シリーズ5作目。今作では新たな敵「レジストリー」との対決がメインになっています。次々に襲いかかるピンチを切り抜けていくというシリーズの魅力を継承しつつも、これまでの読者を飽きさせない工夫も凝らされていると思います。

  • ミレニアム5作目。題材がこれまで以上にちょっとマニアックだが、リスベットらしさは爆発。面白い。6作目が待ち遠しい。

  • ミレニアムシリーズ本棚登録読了済み

  • まずまずの出だしの上

  •  柳の下の泥鰌の続編。本家のミレニアムも10作まで予定されていたそうなので、続編を書き継ぐのはまあいいんだけど、これは4よりさらに落ちるよなあ。要は謎に包まれた前半生を解き明かすという大きな流れの中で、いろいろなエピソードを織り込みながら、物語を綴ってゆくといういわばリスベット・サーガの一編であり、今回は双子の妹カミラと因縁の宿敵関係であるという関連から双子についての過去の大がかりな非倫理的調査を暴くという話になっている。大した大捕物もなく緊張感にも欠けて、並みの小説ならいざ知らずリスベットものにしてはかったる過ぎる。代筆といってももう馬脚を露したかね。

  • 刑務所に収容されているリスベット。
    ある日、後見人であったホルゲルが面会に来る。
    その際に小さな気づきを得、調べものを始めるリスベット。
    そんな中、収容所内で実権を握る囚人、ベニートとの対決が近づいていた。

    *****

    そっか、リスベットは懲役中だったか。
    前作を思い出しつつ、読み進める。

    4部から執筆される方は変わったとはいえ、リスベットは世間一般的な定義とはずれるかもしれないけれど、正義感が強いところはあったな。
    弱き者を助ける、というよりは弱き者をいたぶる奴が許せないからぶちのめす、な流れな気はするものの。

    リスベットの過去の秘密に関わる人々も動き出し、刑務所の中でも外でもリスベットは戦う。

    今回は読んでいて、ショックな展開が。
    好きだったのに…。
    けっこうショックだった。

  • いよいよ、リスベットのドラゴン・タトゥーの秘密が本作で明らかになるらしい。
    リスベットが刑務所に入っているところから物語が始まるが、きちんと疑惑やら事件やらが展開していく。上巻では、いろいろと種が撒かれてるような感じか。

  • 4作目の映画化に合わせての5作目発売待ってました♪底辺の刑務所でも医学会でも経済界でも宗教でもどこの世界にも悪ははびこる。リスベットが刑務所にいながらにして、悪を突き止め対峙するのが痛快。ただホルゲルが...あとがきには3作目までの作者スティーグ・ラーソンは10部作で構想を練っていたと知り、またも作者の早逝を惜しむばかり。ただ引き継いでくれたラーゲルクランツが今作では筆が乗ってきたのか登場人物が生き生きと感じられ下巻が楽しみ♪

  • 第5部。
    上巻は今回の謎を浮き彫りにした感じ。
    ただでさえ波乱万丈だったリスベットの過去にまだ隠されている部分がある様子。
    その鍵を握るのはレジストリーという機関。リスベットのような身よりのない子らを集めて何か実験をしていたようだが… ここにどんな陰謀が隠されているのか?
    そして双子の妹にして宿敵カミラは登場するのか?

    回収は後半。期待したい。

全12件中 1 - 10件を表示

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)のその他の作品

ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女 上 (早川書房) Kindle版 ミレニアム 5 復讐の炎を吐く女 上 (早川書房) ダヴィド・ラーゲルクランツ
ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上 単行本(ソフトカバー) ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上 ダヴィド・ラーゲルクランツ

ダヴィド・ラーゲルクランツの作品

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする