イノセント (Hayakawa Novels)

制作 : Ian McEwan  宮脇 孝雄 
  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152077622

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初マキューアン!
    まったくの予備知識なしで手に取った本。壁ができる以前のベルリンを舞台としたル・カレばりのスパイ小説か、と思ったら、淡い恋愛小説…、え?そんな展開??? からの、きれいな着地!
    となかなか楽しませてくれた。
    25歳のイギリス青年の、歳上の女性に導かれての初体験、の初々しさが、なんとも甘酸っぱく、こちょばい感じがして素敵。
    さらりとした「友情」もね。

  • なんという恋愛小説...!無理やりジャンル分けすれば、スパイ小説になると思うけど、私にはこれは恋愛小説だなあ、それも普通じゃない。主人公レナードの数々の妄想シーンには、細部に渡る描写にたまに辟易しながらも、簡潔なまでに巧みな語りがそこの部分で一層際立つ。今月末の新作も、スパイ物らしいので、期待大です(しかし表紙がラノベ調というか、クレストっぽくない)。

    初期の変態よろずやみたいな小説も強いインパクがあったけれど、こちらは細部までがっちり組みたてられた小説世界に、最後まで読んでやはり「マキューアン...!」と呻きたくなった。

  • 他のイアンマキューアン本と同じく、最初は詳細な説明ばかりで疲れて読み進めなかったが、恋愛関係が前進したあたりから一気に物語りは進み、最後まで息をつかせぬ展開の連続。読み終わったら、へとへとになってた。ありえないような状況に陥る主人公、でもそこに行き着くまでの過程が理解・共感できるので、驚くような状況もすんなり受け入れてしまえる。
    強烈でリアリティーがあって、心揺さぶられた。

イノセント (Hayakawa Novels)のその他の作品

イノセント (ハヤカワ文庫NV) 文庫 イノセント (ハヤカワ文庫NV) イアン・マキューアン

イアン・マキューアンの作品

ツイートする