ズボンがはきたかったのに

  • 早川書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 8
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152077998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蔵書から再読。

    若い頃に読み、
    とてもお気に入りの作品だったのだが、
    10数年ぶりに読み返してみて、
    どうしてこの本に
    思い入れていたのかが
    わからなかった。

    この物語を読んだ頃は、
    フェミニズムに傾倒していたので、
    そういう観点から、
    この作品を評価していたのかもしれない。
    (イタリアの古い因習を打破しようとする
    女の子の物語だったので)

    それにしても、
    訳の文体が古すぎ。

    もっと今風の言語で
    訳されていれば、
    ぜんぜん違う雰囲気の物語に
    なるかもしれないのに、
    残念。

  • 悪くはないけど、なんでこんなにヒットしたんだか…。

全3件中 1 - 3件を表示

ラーラ・カルデッラの作品

ズボンがはきたかったのにを本棚に登録しているひと

ツイートする
×