クローディアの告白〈上〉―ある分裂病患者の謎

制作 : Daniel Keyes  秋津 知子 
  • 早川書房
2.97
  • (1)
  • (2)
  • (25)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152079572

作品紹介・あらすじ

1982年夏、作家ダニエル・キイスは、分裂病の病歴をもつ若く美しい女性の訪問を受けた。彼女の名はクローディア・ヤスコー、4年前に連続殺人事件の容疑者として逮捕されたが、のちに無実であることが判明し、釈放された人物だった。彼女はキイスに、今こそ事件の真相を語るから、それを本にしてほしいと依頼してきたのだ。クローディアには、ひとつの大きな謎があった。警察の取り調べに対し、彼女は殺人が起きたときの状況を詳しく自白している。なぜ彼女は、犯人しか知るはずのない事実を知っていたのか。隠された真実を探りだすため、キイスはクローディアの病んだ精神の迷宮へと踏みこんでゆくが…。人間心理の深奥をひたむきに描きつづける作家キイスが、分裂病の知られざる世界を解明すべく自ら乗りだし、その一部始終をつづったファン待望の作品。多重人格の驚異を描いたベストセラー『24人のビリー・ミリガン』につつぐ、驚愕の心理ノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビリーミリガンと比較してしまうとなあ、格段につまらない。
    二十二口径による殺人事件の容疑者として捕まるクローディアは犯人しか知り得ない状況を話すも、犯人は他に見つかり、彼女の証言はでっち上げだった。しかしなぜ犯人しか知り得ない状況が話せたのか?

  • 「ブックリサイクル」でGET

    なんかほかにいい本ないかなー、って探したんだけど
    つい。

全2件中 1 - 2件を表示

クローディアの告白〈上〉―ある分裂病患者の謎のその他の作品

ダニエル・キイスの作品

ツイートする