縛り首のN (Hayakawa novels)

制作 : Sue Grafton  嵯峨 静江 
  • 早川書房
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152081872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キンジー・ミルホーンシリーズ第14作目。心臓発作で急死した夫の警察官の様子が以前からおかしかったから調べて欲しいとの未亡人からの依頼。キンジーはサンタ・バーバラを離れてカリフォルニア州の片田舎で調査を始めた。閉鎖的な住民により中々調査が進まないし、誰からか狙われているようだ・・・。

    久しぶりにこのシリーズを読んだけど、おもしろかった。キンジーの人を寄せ付けない態度とか仕事の取り組み方、恐怖や孤独感がうまく書かれている。訳者もやっぱりうまいんだろうな。久しぶりに恋人のディーツは出てきたけど、今回は、家主のヘンリーやデリのローザの出番がほとんどなかった。

  • キンジー・ミルホーン・シリーズ。相変わらず元気でなにより。ってキンジーってばまだ三十六歳ってかい。ずるいぞ。歳と共に少しは角が取れたとはいえ、キンジーの自立心や偏屈具合が、今ではおなじみになってしまい、懐かしい気さえする。しかしこの、アメリカの田舎町の、せせこましい人間関係やまずそうな食い物の、うんざりするような描写。ああやだやだ。願わくはもっといいもん食って欲しい。それをすればキンジーではなく別人になってしまうが。実はロージーのレストランやヘンリーの焼くペストリーのファンなのだ。今回彼らはほとんど出番なし。

全2件中 1 - 2件を表示

縛り首のN (Hayakawa novels)のその他の作品

N Is for Noose (Thorndike Large Print General Series) ペーパーバック N Is for Noose (Thorndike Large Print General Series) スー・グラフトン
N is for Nooseの詳細を見る CD N is for Noose スー・グラフトン

スー・グラフトンの作品

ツイートする