大崩壊の時代 下: 人間の本質と社会秩序の再構築

  • 早川書房
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152082930

作品紹介・あらすじ

情報革命は日本と世界をこう変える!地球規模で進行する「大崩壊現象」を徹底分析。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • TRUSTの著者フランシスフクヤマの数少ない翻訳本。
    工業化社会から情報化社会への変化を社会資本という観点で捉えた大作である。
    現代の世の中で起こっている様々な問題が緻密に理論的に裏付けされている。
    特に日本が世界の中で従来の様な競争力を維持していくには、日本の良さである社会資本を重視しなければいけないのではないだろうか。合理化や欧米からの様々な文化の影響を受け、良いものまで失っているのではないかと思われる。
    参考資料も非常に充実している。

  • 20070207
    よく覚えていない
    読んでない?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1952年、アメリカ生まれ。アメリカの政治学者。スタンフォード大学の「民主主義・開発・法の支配研究センター」を運営。ジョンズ・ホプキンズ大学やジョージ・メイソン大学でも教えた。著書『歴史の終わり』(三笠書房、1992年)は世界的なベストセラーとなった。著書に、『「大崩壊」の時代』(早川書房、2000年)、『アメリカの終わり』(講談社、2006年)、『政治の起源』(講談社、2013年)、『政治の衰退』(2018年)、『IDENTITY』(朝日新聞出版、2019年)などがある。

「2022年 『「歴史の終わり」の後で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランシス・フクヤマの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×