ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界

制作 : Patricia Lynne Duffy  石田 理恵 
  • 早川書房
3.32
  • (4)
  • (15)
  • (29)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152084330

作品紹介・あらすじ

共感覚とは、文字に色が見える、音に手ざわりを感じる、痛みから不思議な映像が浮かぶなど、五感のうち二つの感覚が同時に働く、奇妙な知覚様式である。ランボー、ナボコフ、スクリャービンなど、多くの作家や音楽家、画家も持っていたといわれながら、医学的にも未知の部分が多い。自ら希少な共感覚者である著者が、その特異な視点から、多くの人には想像もつかないような、共感覚者ならではの驚くべき体験や、そのしくみを解明しようと独自に行なった探究について綴った、画期的な手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネタ集めの一環として読んでみた。

    共感覚については、そういうものがあると聞いてはいた程度。いろいろな知見が得られた。赤ん坊は共感覚的に知覚しているが、それがだんだん分化していくんだ、とか。あと、I, O, Uは同じ色に見えやすいとか。

    それはいいんだが、話の内容がとびすぎていて、まとまりがない。
    あと、訳がこなれていなくて読みにくい。訳で損しているっていう面もあるだろうなぁ、たぶん・・・。

  • 文字が色に見えたりする人の話。
    パラ読み。
    一定数いる。インターネット時代の恩恵で認識が広まっていると感じた。
    言葉からイメージが間接的共感覚だとすると、もっと直接的なものと知る。

  • 私が「共感覚」に初めて出会った本。あなたの周りに文字や音に色が色が付いて見えるという人がいたら、それは本当に知覚現象かもしれません。今後もっと研究が進んでほしい分野の一つです。

  • (2005年8月10日の感想)
    共感覚とは、文字に決まった色がみえたり、音に触覚や
    色を感じたりと、五感のうち二つの感覚が同時に働くと
    いう知覚現象のことらしい。
    初めて聞いたな。
    この本の著者も共感覚者で、アルファベットそれぞれに
    色(それに質感?)がついているらしく、それは物心ついて
    から全く変化がないとのこと。
    つまり、aはオレンジ、bは緑、などとはっきり決まって
    いるんだって。

    始めは「けっ」と思いつつ読んでいたが、ふっと自分の
    場合を考えてみてもしや、と思ってしまう。
    だって「あ」はどうみても赤だし、「い」は黄、「う」
    は薄い青…あらまあ、どんどんすんなり浮んでくるでは
    ないか。
    しかも、翌日ふと思い出した「わ」の色も昨日と同じ赤い
    鉄錆色だったし。

  • 共感覚について体験談もふまえてかかれた本。エピソードごとに記載されている。

  • 「共感覚者が自ら語る」と書いてあったので、私には見えない不思議な世界観などを具体的に知りたいと思って借りたが、内容はどちらかというと専門的・学術的な感じで期待していたのとはちょっと違ったのでした。

  • 共感覚とは、文字に色が見える、音に手ざわりを感じる、痛みから不思議な映像が浮かぶなど、五感のうち二つの感覚が同時に働く、奇妙な知覚様式である。共感覚者である著者が自分の体験や他の共感覚者の知覚を紹介した本。解説は養老孟司。
    共感覚で有名なのは音に色が見える色聴だと思うが、この著者は文字や単語に色がついているというタイプ。幼い頃、誰もが文字に色を見ているのではないと知って衝撃を受けたという。このように文字に色がついている共感覚者は他にもいるが、それぞれが違う色であるらしい。
    本の構成としてはちょっとわかりづらかったかも。共感覚者としての経験、他の共感覚者やその芸術作品の紹介、脳科学的な解説などもう少し整理されていればと思った。
    情報を符号化する方法はその人特有であり、共感覚者は二つの感覚を使って符号化するが、そうでない者も視覚、聴覚、運動感覚などを使って符号化している、というのは興味深い。

  • 共感覚とは文字を見ると色が見えたり、音を聞くと触られているように感じるなどである。世の中にはいろいろな人がいる。周りの考えじゃなく本人たちの声が書かれていて興味深かった。

  • ■未鑑賞

    ■共感覚とは、文字に色が見える、音に手ざわりを感じる、痛みから不思議な映像が浮かぶなど、五感のうち二つの感覚が同時に働く、奇妙な知覚様式である。ランボー、ナボコフ、スクリャービンなど、多くの作家や音楽家、画家も持っていたといわれながら、医学的にも未知の部分が多い。自ら希少な共感覚者である著者が、その特異な視点から、多くの人には想像もつかないような、共感覚者ならではの驚くべき体験や、そのしくみを解明しようと独自に行なった探究について綴った、画期的な手記。

  • 是非、「超常現象をなぜ信じるのか」とセットで。自分の感覚を少し離れたところから見る訓練に。

全15件中 1 - 10件を表示

ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界を本棚に登録しているひと

ツイートする