ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界

制作 : Patricia Lynne Duffy  石田 理恵 
  • 早川書房
3.32
  • (4)
  • (15)
  • (29)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 129
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152084330

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議で面白いんだけど、なんとなく焦点が絞り切れていない本。科学的じゃないからなんだろうか。もうちょっと読みたい。

  • 共感覚とは、文字に色が見える、音に手ざわりを感じる、痛みから不思議な映像が浮かぶなど、五感のうち二つの感覚が同時に働く、奇妙な知覚様式である。ランボー、ナボコフ、スクリャービンなど、多くの作家や音楽家、画家も持っていたといわれながら、医学的にも未知の部分が多い。自ら希少な共感覚者である著者が、その特異な視点から、多くの人には想像もつかないような、共感覚者ならではの驚くべき体験や、そのしくみを解明しようと独自に行なった探究について綴った、画期的な手記。

  • こういうのはすごいなぁ・・・・つーのか、あるんだなぁ、と思う・・・
    が、まぁ、ネタとしてはやや弱いかな〜
    超能力をまとめた本とかってないんだろうかね。

  • 猫は青?何のこっちゃと手に取った。
    今まだ読み途中。

  • 共感覚(shynesthesia)についての本。
    共感覚とはことばを聴いたり見たりするときに色が見えたり、時間や曜日月というものにも色が見えたり、音楽に色が付いていたりと、たいていは五感に分かれてしまって別々に認識してる感覚が、同時に(共に)起こること、らしい。著者自身が共感覚者とのこと、読みやすくて面白かった。2,000人にひとりくらいの割合でいらっしゃるとの説もあるけれど、誤解されやすい(嘘をついてると思われたり変人と思われたり、ひどいときは入院させられたり)ので、正確なところは不明。
    タイトルはCatが青くてKittenが黄緑に見えるところから。別の側面ではお父さんと娘の絆の物語でもあり、ちょっといい話でした。

    本文も面白かったけど、養老孟司さんの解説が、名文でした。ずーっとなんとなくモヤモヤ疑問に思っていたことをわかりやすく説明してもらった感じ。たったの6ページでものすごいスッキリ!!

全15件中 11 - 15件を表示
ツイートする