量子コンピュータとは何か

制作 : 水谷 淳 
  • 早川書房
3.27
  • (3)
  • (7)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152086075

作品紹介・あらすじ

「量子コンピューティング」「量子コンピュータ」という、最先端科学の動向が一般紙誌でも紹介されるようになりました。現代技術の粋を凝らしたスーパーコンピュータをも遙かに凌駕する、驚異の性能らしいですが、一般市民のわれわれは、その成果に驚くどころか、疑問がいっぱい。「それって本当に実現可能なの?」「SFの話じゃないの?」「そもそも量子コンピュータどころか、量子論もコンピュータもよくわかってないんですけど?」そんなあなたや私に、量子コンピュータという「ブラックボックス」の中身を、手取り足取り教えてくれる本ができました。この技術がなぜ注目を浴びているのか。これで何ができるのか。何をどう変えるのか。初心者も予備知識のあるかたも、量子の奇妙な性質が実際の情報技術にいかに活かされるのか、著者の知的スリル満点なナビゲーションを満喫してください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA69879518

  • むつかしい。
    いろんな例えを用いて丁寧に説明してくれているとは感じるが、もっとも肝の部分がわからずじまいだった。なぜ量子を用いると劇的に早く計算ができるのか???

  • とりあえず理解できたのは、
    量子の回転を利用したコンピューティング
    「ONとOFF両方の可能性がある」という性質による、現在とは桁外れに高速な暗号解読や検索
    (地道な総当り的手法ではなく、型で押し出す様なイメージ)
    ただし、エラー訂正等の制御が難しく、執筆当時は実験段階だった

  • 申し訳ないが、あんまり面白くなかった。最後まで期待して期待して…ドボン

  • 気まぐれな論理。偶然に委ねた結論。そんなあいまいな人間みたいなコンピュータが実現可能!?ちょっと読んでて興奮しちゃいました。

  • 粒子と波の二面性・ハイゼンベルグの不確定理論・宇宙構造に関係するダークマター・アインシュタインの相対性理論・・key
    となる素粒子が量子CP理論へと結びつく?I&Oではなく中間のファジー・グレイが・・世界のすべてを演算する可能性が大・・・神の眼を手にできるか??。

  • <積読状態>

全7件中 1 - 7件を表示

量子コンピュータとは何かのその他の作品

ジョージ・ジョンソンの作品

ツイートする