エデンの東(上)

  • 早川書房
3.97
  • (17)
  • (4)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 114
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152086327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • キャシーの悪辣ぶりがすさまじい
    反比例して,アダムの落ち込みぶりも。

  • #48 ハミルトンの言葉が重かった…

    「生きる振りをし続けるんだ、芝居みたいに。しばらくすればーいや、長くやりつづければーそれが真実になる」

    「誰でも、じっと待っていれば必ず回復するものだ」

    「楽園を作りたいという気持ちがなくなる?そんなことを考えてはいかんよ。そんなことはありえない。君はいったい何様のつもりかね。君が死ぬまで、その気持ちも死なん」

  • <閲覧スタッフより>
    父の命で戦争へ行き疲弊したアダムはキャシーと出会い自分の楽園を見出そうとする。ところがキャシーは子どもとアダムを捨てて姿を晦ませてしまう。失意に沈んだアダムと、残された双子のアロンとキャル。それぞれの生き方を模索しはじめるのだが・・・父親と子供の葛藤、自由への憧れをカリフォルニアを舞台に壮大なスケールで描いたスタインベックの大作です。
    --------------------------------------
    所在番号:933.7||STJ||1
    資料番号:20081292
    --------------------------------------

  • 前から読んでみたいと思っていた本です。

    時代背景は第一次大戦前後のアメリカですが、
    でてくる思想などは、今読んでもとっても胸に迫ります。

    キャシーの悪女っぷりはとっても迫力があって怖いです

  • 人生の50冊 小説部門 ベスト2

    長大な物語の先にある、たった一行に魂が救われる。


    映画「エデンの東」の原作というイメージをいちど忘れて欲しい。
    聖書の原罪の物語「カインとアベル」を巡る親子二代記。
    物語の核心は「timshel」というヘブライ語にある。
    中国人の執事がたどり着くその言葉の意味に、すべての登場人物が救われる。
    その一行が、我々に問いかける、自由意味と神の恩寵の意味に心が震える。

  •  盆地を北に流れるサリーナス川は、冬に渦を巻き夏に干上がる。それしかないから自慢の種である。平坦な盆地はかつて太古の海で、海の底はかつてセコイアの森だった。春には花の色彩が咲き乱れ、六月には砂塵が巻き上がる。手書きの地図に記録をするため、かつてスペイン人は目につくものを名づけていった。祖父は妻を連れて、キングシティの東の丘に入植した。

  •  ノーベル賞作家ジョン・スタインベックが描く父と子の葛藤のドラマ。
     ジュームス・ディーン主演で映画化されたが、それはこのドラマのほんの一部。全編を読めば感動はその数倍にも。
     良い原作、良い翻訳のどちらが欠けてもこのクオリティは得られなかっただろう。文章とは、小説とはこういうものなのだとあらためて思い知らされる。 小説家志望者は心して読まなければならない。なぜなら、自分が小説を書く意味すらも危うくされてしまうから。

  • これを読まずに死ぬなかれ!
    太田光絶賛の作品です。

  • 2011/06/07 16:40:28

全9件中 1 - 9件を表示

ジョン・スタインベックの作品

エデンの東(上)を本棚に登録しているひと

ツイートする