壁抜け男 (異色作家短篇集)

  • 早川書房
3.91
  • (4)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152087867

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そういうことはできないでしょう、と思うような設定をさらっと書いてそういう状況での人間を描いています。
    「カード」「よい絵」は面白い。
    「七里の靴」はメルヘン的要素がありながら、少年の貧しさと憧れの七里の靴にしんみりさせられる物語。

  • どの話も発想が面白かった。

    壁抜け男、よい絵、サビーヌたち、七里の靴が好きだな。

    アントワーヌの、親たちが他の病人たちの枕元でおしゃべりをしているのを聞くと、人生というものがものすごく豊かな、ほとんど嘘のように豊かなものであるように思われた。
    一節は少し切ない気分になった。

    怪しい商人が安く靴を譲ってくれて良かった良かった。

  • 異色作家マルセル・エイメの短編集。

    ラストが悲しい「壁抜け男」が読みたかったのだが、他の作品「カード」「サビーヌたち」も秀逸であった。

  • 2013/1/21購入

  • 印象に残る短編集でした。ごく普通の人たちに、不思議なことが起こります。彼らの人生は可笑しくて哀しいのですが、見守る作者のまなざしは、温かいと感じました。

  • なんとも奇抜な発想をする作家である。ストリーはいずれもパリの街を舞台にしたもの。日常的にどこにでもありそうな、あるいはなんとなく想像したくなるような、そんなハラハラ面白話のオンパレードである。壁抜けはいいなあ。

  • ある日突然自分に壁抜け能力が備わったら、あなたはどうする? 平凡な中年男
    のどたばたを描く表題作をはじめ、奇想天外かつ痛快無比な物語を紡ぐ心やさ
    しきファンタジストの傑作七篇を収録する

全11件中 1 - 10件を表示

マルセル・エイメの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダフネ・デュ モ...
J.L. ボルヘ...
桜庭 一樹
ジャック フィニ...
ジェイムズ・P・...
ジョルジュ ラン...
有効な右矢印 無効な右矢印

壁抜け男 (異色作家短篇集)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×