ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

著者 :
  • 早川書房
4.05
  • (214)
  • (252)
  • (134)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1459
レビュー : 253
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152089922

作品紹介・あらすじ

「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」-御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に"しなければならない"ユートピア。体内を常時監視する医療分子により病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した-。それから13年後、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、かつて自殺を試みて死ねなかった少女、現在は世界保健機構の生命監察機関に所属する霧慧トァンは、あのときの自殺の試みで唯ひとり死んだはずの友人の影を見る。これは"人類"の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語-。『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SFでオススメは、と検索すると、必ず出てくる作品。
    信じられないくらい、わたしの大好きなところを突いている。
    残念なのは、これが遺作ということ。
    デビュー作はまだ予約が回ってこないので読めていないが、この作品がこれほどど真ん中に来るのだから、間違いなく楽しめるものだろう。
    思考を制御するという発想は、『ターミナル・エクスペリメント』を思い出させ、双曲線は『逆転世界』を思い出させた。
    やっぱり好きだな、SF。大好きだ。

  • 『虐殺器官』よりやや取っ付き難かった。
    2作品の世界観はまるで別だが、セット読みの方がベター。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13687163.html

  • 「虐殺器官」はどうも難解な部分があったのですが、
    こちらはとにかく面白くて、夢中になって読みました。
    何だろう、この虚無感…

    体内にインストールされたWatchMeによって、
    一切の病気がなくなり健康的な体を手に入れた人類。
    たばこや酒等の嗜好品は疎まれるようになり、
    有害なものは全てブロックされる。

    誰もが健康で幸福、周りが互いを気遣う世界。
    一見ユートピアのように見えるけれども、その世界に反抗する少女達がいた。
    (ミァハにトァン、この作品アニメ化されるそうだけど
    声優さん大変だろうなぁと思った。笑)

    「ハーモニー」というタイトル、
    ミァハが目指す世界の事に気付くと恐ろしくなってしまった。
    人間にとって何が幸福なのか。
    健康で争いがない世界?
    自由意思が尊重されるような世界?悶々と考えてしまう……

    この作品を作者は病に蝕まれながら書き上げたのか…
    一体どんな思いで、とやるせない気持ちになりました。

  • 主題としては興味深かった。
    けれどこれは未完成作品だ。

    物語の初頭、主人公たちは少女だった。
    それが重要だったはずだ。
    しかしそれが物語の最後に回収されていない。
    物語通りの結末の後、【社会】の枠に加入してない子供らが残る。そこに不満が残って☆二つ。

  • 鳥肌たった~。
    装丁の可愛さに油断したらいけません、
    思わず声に出してスゴイッと言ってしまうくらいのインパクト。
    虐殺器官よりこっちだな。

  • これが遺作となってしまった。

    大傑作である。これ以上なにも言うことはない。

  • なんにしても、度を超すのはやっぱりよくないんじゃないか。

    感想を一言で言うと、こうかな。

    健康も平和も友愛も、それが欠けてるからほしいのかな。手に入れたら
    こわしたくなるのかな。

    虐殺器官に似て、終盤の意識喪失云々のくだりがどうも具体的にイメージ
    できないところが消化不良。意識のない人間ってロボットとか人造人間とか
    と並ぶ存在になるってことか?

    最近の臓器移植法案のニュースを見ていて、この作品中の「リソース」と言葉が
    浮かぶ。「君の臓器で人が助かるというのに提供を拒否するなんて…」と
    顰蹙を買うような世界は案外すぐちかくにあるような気がする。

  • 「持久力という点では本が一番頑丈よ」
    「持久力、って何の」
    「孤独の持久力」
    本好きなら共感できる言葉。肉体的にも精神的にも健康であることを義務付けられる社会も息苦しいが、紙の本がデッドメディアになった世界って、最悪のディストピア。
    TVの健康番組とか観ると病気になることは罪悪のように思えて、ここに描かれた社会は決してあり得なくはないのかも。
    〈社会にフィットできることのできない魂〉〈病を求め、傷を求め、苦痛を求める子供のたましい〉
    2008年に出された本の言葉が、2020年控えてこんなに響くとは。

  • 「公共性」がテクノロジー依存になったとき、少女は大人になれるのか?

    大人になれないまま世界の命運を握ってしまった女の子の“とてもプライベートな”物語。尊い。

  • ほとんどの病気が克服された医療社会,それに反発し自殺を試みる少女たちと生き延びて13年後チェチェンの停戦監視団に女戦士となった主人公.最後の方死んだはずのミャハが出てくるのがもう一つピンとこない.

全253件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)のその他の作品

伊藤計劃の作品

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする