ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

著者 :
  • 早川書房
4.05
  • (214)
  • (252)
  • (133)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1459
レビュー : 253
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152089922

作品紹介・あらすじ

「一緒に死のう、この世界に抵抗するために」-御冷ミァハは言い、みっつの白い錠剤を差し出した。21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は医療経済を核にした福祉厚生社会を実現していた。誰もが互いのことを気遣い、親密に"しなければならない"ユートピア。体内を常時監視する医療分子により病気はほぼ消滅し、人々は健康を第一とする価値観による社会を形成したのだ。そんな優しさと倫理が真綿で首を絞めるような世界に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した-。それから13年後、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、かつて自殺を試みて死ねなかった少女、現在は世界保健機構の生命監察機関に所属する霧慧トァンは、あのときの自殺の試みで唯ひとり死んだはずの友人の影を見る。これは"人類"の最終局面に立ち会ったふたりの女性の物語-。『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「持久力という点では本が一番頑丈よ」
    「持久力、って何の」
    「孤独の持久力」
    本好きなら共感できる言葉。肉体的にも精神的にも健康であることを義務付けられる社会も息苦しいが、紙の本がデッドメディアになった世界って、最悪のディストピア。
    TVの健康番組とか観ると病気になることは罪悪のように思えて、ここに描かれた社会は決してあり得なくはないのかも。
    〈社会にフィットできることのできない魂〉〈病を求め、傷を求め、苦痛を求める子供のたましい〉
    2008年に出された本の言葉が、2020年控えてこんなに響くとは。

  • 「公共性」がテクノロジー依存になったとき、少女は大人になれるのか?

    大人になれないまま世界の命運を握ってしまった女の子の“とてもプライベートな”物語。尊い。

  • ほとんどの病気が克服された医療社会,それに反発し自殺を試みる少女たちと生き延びて13年後チェチェンの停戦監視団に女戦士となった主人公.最後の方死んだはずのミャハが出てくるのがもう一つピンとこない.

  • 最後の未読長編だったから大事に読もうと思ったのに、途中で止められなくて一気読み。etml の存在理由を理解して虚無感に襲われるのと同時に、これがバッドエンドだって簡単に断ぜられなくて心がざわざわする。紡がれたかもしれないこの先の物語を思うと悲しい。

  • ・「虐殺器官」の後日譚。平和になった世界。そこはハーモニーが取れたように見える世界。「自分を律することの大半は、いまや外注に出されているのだ」。そんな世界に馴染めない女子高生の視点から語られる世界の異常性。物語はそこから始まる。日本SF大賞だけでなく、アメリカでP.K.ディック賞まで取った作品。

    ・一見ユートピアに見えるディストピアということで、ウォルター・テヴィスの「モッキンバード」というSF作品を思い出させる箇所も散見される。だが、「モッキンバード」のような暖かく血の通った人間復権が描かれることはない。「虐殺器官」が救いのない物語だったのに対して、本作は、救いを求めてたどり着いたところが、とんでもなく救いのない世界(と言うか「救い」という概念を必要としない世界)だったという物語。何とも言えぬ後味の悪い読後感。これ、中学ぐらいで読んでたらトラウマになってたかも知れない。

    ・秘密を知り、トリガーを引き得る存在となった主人公が、そのトリガーを引く必然性がイマイチ伝わってこない。実はそのことが、「虐殺器官」と「ハーモニー」で自分が最も戦慄した部分かも知れない。「何で、君は世界を破滅させると分かってるトリガーを引いちゃってるの?」という感じ。

    ・本書は、初めて電子書籍で読んでみた(iPad版のKindle)。ページを繰る感覚や、以前のページに戻ってちょっと確認する、というのがやりづらい。あまり気にせずにマーカーをつけたり、挿入したコメントを後から一覧的に見ることができるのは便利。

    2013/02/21(木)追記
     「救い」を求めて行き着いたのが「救い」が意味を持たない場所。これはもしかしたら、作者が自らの死と対峙せざるを得ない状況の中で、その苦しみや恐怖をじっと見つめたからこそ出てきた想念だったのかも知れないということに気付いた。ちなみに、本作は作者が34歳という若さで亡くなった2009年の翌年、発表された。

  • 物語は楽しむべきだ、という気持ちがあって、作者やそのバックボーンは気にしないと気持ちもあるんだけど、この作品、著者は別になってしまう。

    泣きそうにもなった。

  • 「全国ビブリオバトル四国地区予選会」
    (2016年10月15日/図書館1階ラーニングコモンズ)

    http://opac.lib.tokushima-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?materialid=215002696

  • 6:HTMLのタグの知識がない方も楽しめるのかが微妙なところですが、とても面白かったです。いまの健康志向になにか違和感を覚える身としては、怖いような、羨ましいような、不思議な気分でした。そして、ものすごく想像の余地のあるラスト。</harmony>というタイトル。(半角で入力するとタグ扱いされてしまうようだったので一部全角)
    考え出すと止まりませんが、ミァハの悲しみと怒りと憎しみ、それを生み出した「世界」(生府)と終焉、そんなことを考えてるとやっぱり怖い。でも大好き。

  • 心身の健康をスキャンする機械が体に埋め込まれている世界。

  • 2017年6月18日に紹介されました!

全253件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)のその他の作品

伊藤計劃の作品

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする