ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上

制作 : ヘレンハルメ 美穂  岩澤 雅利 
  • 早川書房
4.35
  • (209)
  • (148)
  • (45)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 896
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リスベットを助け隊、結成。
    やっぱりこの物語の主人公はミカエルでなく、女性のリスベットだなと思った。

  • とうとうミレニアムも3作目。

    今回はミカエルがけっこうおとなしめです。
    しなけりゃしないでなんだか物足りなかったりしてね。。

    前半は後半に向けて勢いをため込んでいるような雰囲気。
    これで最後なんてさみしいな。

  •  更にスケールが大きく。つい夜更かしして読んでしまう。
     早く続きが読みたくて仕方ないけど、残り後1冊なんて勿体無いなー。

  • レビューは1の上巻で。

  • 下巻にレビューを書きます。

  • 1,2は何となく惰性のまま読んでしまったけれど、3が一番面白い 敵側の方も丁寧に描かれていて それぞれの事情がわかるため 歯がゆい思いがないというか 

  • ミレニアム三部作
    本格、ノワール、謀略 ミステリーの要素あふれる三部作の完結。

    前作の幕切れで瀕死の重傷を負いながら、九死に一生を得たリスベットだが、彼女が巻き込まれた事件が明るみに出る事で過去の悪事が暴かれる公安警察の特別分析班は、彼女の口を封じるために動き出す。題名は「アーサー王伝説」”円卓の騎士”のひっかけ。リスベットの無実をはらすべく立ち上がる人々のこと。リスベットの法廷対決、リーガルシーンはすごかった。
    ミステリーとして盛りだくさんなだけでなく、すぐれた現代性、社会性も備えた『ミレニアム』は現代ミステリーの奇跡とされ、続編も期待されてました。作者のご冥福をお祈りします。

  • 面白くなってきた!
    エリカは組織のポジティブな面を描くためのキャラなのかな。

  • 2巻よりスピード感はない。だが、読みごたえは十分にある。いよいよ最終巻へ。楽しみだ。

  • 瀕死の重傷を負ったリスベット、彼女を救うべく立ち上がるミカエル達狂卓の騎士とザラチェンコ公安組。駆け引きなど息もつけない面白さ。

全110件中 51 - 60件を表示

スティーグ・ラーソンの作品

ツイートする