マーシイ―トニ・モリスンコレクション (トニ・モリスン・コレクション)

  • 早川書房
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152090997

作品紹介・あらすじ

奴隷の娘フロレンスは、主人の借金の形として北部の農場主に譲り渡された。フロレンスの母が彼女を差し出したのだ。母の真意はどこに?ジェイコブの農場で育ったフロレンスはやがて、自由な黒人の鍛冶屋と激しい恋に落ちるが…。時は十七世紀末。アメリカがまだ未開の植民地だった時代を舞台に、ノーベル賞作家が逞しく生き抜く女性たちの姿を描き上げる、傑作長篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奴隷制が確立する前の、奴隷制黎明期とでも言いましょうか、あまり見かけない舞台設定。アフリカから直接アメリカに連れて来られる以外にも、ポルトガル経由ってルートがあったんだ…
    そんなレアな時代背景でも、オンナはしたたかで逞しく、そして変わる。オトコより外的要因の揺さぶりに強いというか、抵抗せずしなやかにたわむトコにフォーカスが当たってます、変な小ワザなしで、直球で。

  • 一見読みにくい、でも重ねて読むと深い味のある本。
    奴隷として生まれた娘に対する母の愛がひとつのテーマだそう。
    最後に近づくにつれて、人間模様がより鮮明になってきて、それぞれの感情が浮き彫りになっていく様子にすごく惹きこまれた。

  • 2010.02.14 日本経済新聞に掲載されました。

  • ノーベル賞授与作家作品
    奴隷の娘フローレンスの成長と変化の話。
    フローレンス目線と他目線で語っている。
    農奴のウィラード・・・
    名前に反応してしまった・・笑
    小さい「ィ」だったり大きい「イ」だったりと誤植アリだった。
    しょうがないじゃん!ウィラード好きなんだからさ~

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

トニ・モリソン(Toni Morrison)
1931年2月18日 - 2019年8月5日
オハイオ州ロレイン生まれの米作家、編集者。ハワード大学入学後、コーネル大学で英文学の修士号を取得。テキサス州の大学で教壇に立つ。1970年『青い眼が欲しい』で文壇にデビュー。1993年、アメリカ黒人作家として初のノーベル文学賞を受賞。理由は「先見的な力と詩的な重要性によって特徴付けられた小説によって、アメリカの現実の重要な側面に生気を与えた」。代表作としてに『青い眼が欲しい』のほか、全米批評家協会賞『ソロモンの歌』、ピュリツァー賞受賞作『ビラヴド』、など。

トニ・モリスンの作品

ツイートする
×