伊藤計劃記録

著者 :
制作 : 早川書房編集部 
  • 早川書房
4.05
  • (42)
  • (56)
  • (30)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 671
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152091161

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本SF大賞受賞作『ハーモニー』を遺して昨年亡くなった伊藤計劃さんのSFマガジン発表の中篇2作、「The Indifference Engine」「From the Nothing, With Love.」ほかの創作から、敬愛する小島秀夫監督、『ディファレンス・エンジン』についてのエッセイ・解説、盟友・円城塔との対談やインタビュー、そして未完長篇『屍者の帝国』までを集成。また、作家デビュー以前の1998~2004年に個人サイトで発表し続けた膨大な映画評「Running Pictures / Cinematrix」から31本を精選収録する。(Amazon)

    ぜひ読んでいただきたい一冊です。

  • SF

  • Library
    Reserved

  • 早逝のSF作家、伊藤計劃の短編、インタビュー、対談、エッセイ、映画評を収録。

    ◯The Indifference Engine
    民族浄化紛争に参加していた少年兵が、戦闘終結後、敵味方の区別ができなくなる公平化(indifference)治療を受ける。
    「自分たちとは違うから殺せ」。そういう選択肢しかなかった少年たちから自他の区別を奪い去った時、彼らは世界に牙を剥く。
    アイデンティティの違いが争いを生むのは確かだが、アイデンティティを持たないものが生きて行ける場所など存在しないのもまた確か。少年たちは彼らを生み出して、壊して、放り出した世界に向かって進撃する。
    エスニッククレンジングの描写は確かにおぞましいが、それと同じくらい、自分勝手で独りよがりな善意や、現実に存在して、主人公らのような人々をどこかで生産し続けているであろうこの世界がおぞましい。

    ◯セカイ、蛮族、ぼく。
    蛮族であることを恨みながらも、蛮族としての生き方しかできない「ぼく」。ラブコメとかに出てきそうな、「遅刻遅刻〜!」っていいながら食パン加えて出会い頭に衝突する女子高生とか、「別にあんたのためじゃないんだからねっ」とかいいながら自作の弁当を押しつけるツンデレ系生徒会長にイライラして突然刑法177条的な××をするというぶっ飛んだ話で、自分がしたい生き方と実際の生き方との乖離の苦悩とかやるにしてもこういう物語でやる意味はよくわからなかった。

    ◯From the Nothing,With Love.
    ナチスから奪取した精神転写技術により、他人の肉体に代々転写されてきたある天才的な英国スパイの精神は、経験の蓄積、シチュエーションの繰り返しにより無意識化していく。もはや我々が初心者のようにキーボードを叩く指の一本一本にわざわざ意識を集中せずとも、半ば上の空でもタイプできるようになるかのように。
    意識とは、無意識とは何か。このような考え方を採るとすれば、私たちは日々、「私」ではなくなっていくのではないか。現実には存在しない技術シチュエーションの導入で、逆に現実の、自分自身の根本、本質について考えさせられるという、SFの醍醐味みたいなのを味わえた気がする。SFは未来に対する空虚な妄想ではなくて、状況を極限化することで物事の本質を炙り出す文学なんだと思った。

    ◯屍者の帝国
    死体に魂を再インストールして労働力として利用する技術が確立している世界を描く冒頭部分を収録。円城塔氏が引き継いだ小説も読んでみたい。

    「人という物語」というエッセイの最後の部分。
    「そしてわたしは作家として、いまここに記しているように私自身のフィクションを語る。この物語があなたの記憶に残るかどうかはわからない。しかし、わたしはその可能性に賭けていまこの文章を書いている。
    これがわたし。
    これが私というフィクション。
    私はあなたの身体に宿りたい。
    あなたの口によってさらに他者に語り継がれたい。」
    著者が早逝したいま、改めてこの文章に込められた彼の切実な思いに気づかされる。

    小島秀夫を盲目的に礼讃してたり、映画批評で「これを観てを××と思わない人は△△だ」みたいな、ある意味「自分わかってます」みたいなのは鼻につくけど、それでも豊富な知識に裏打ちされた文章は読んでて楽しかった。

  • 2010年3月25日 初、並、帯付
    2013年 月 日 イオンモール鈴鹿BF。

  • 未完となった『屍者の帝国』の「試し書き」を含む前半の短編群がどれも素晴らしい。特に一発目、『The indifference engine』。ネタは明らかに隠す気がないんだけど、それだけに冒頭に提示されている破綻への道が終始目の前にぶら提げられている感じがもうぞくぞくする。前三つの共通テーマは"アイデンティティ"でゆるく括れるか。それでいて方向性がまるで違っていて、なおかつどれもしっかり重いのがすごい。『世界、蛮族、ぼく。』なんて4ページちょいしかないのに、発想の次元に笑いが止まらない。

  • 「The Indifference Engine」をこっちからとったとは知らずに先に読んじゃったので短編については完全にダブっていてちょっと残念。

    インタビューや映画評は面白かった。

  • 屍者の帝国が収録されてる

  • まさに記録。

  • 「The Difference Engine」だけでいいから是非。


    「虐殺器官」も「ハーモニー」も素晴らしかったが、上記作品が最も未来予測として、残酷であり正確。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤計劃の作品

伊藤計劃記録を本棚に登録しているひと

ツイートする