Kitano par Kitano 北野武による「たけし」

  • 早川書房
3.75
  • (16)
  • (32)
  • (22)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 216
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152091413

作品紹介・あらすじ

栄光と挫折、家族、女、映画、メディア、政治、裏社会、そして日本の未来について。フランスの敏腕ジャーナリストによる5年にわたる徹底取材に、北野武がすべてを「告白」した。「世界のキタノ」の知られざる内面をえぐる迫真のドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凄い本だった。読んだあとも衝撃はなかなかやまず、内省が続く。
    このところ浴びるようにたくさんの本を読んできたが、当然のことながらそうそう良書にはめぐり合えてこなかった。どの本もそこそこ面白く、読み終われば自然に忘れていくことができる。
    しかし、この本はそうはいかない。影響が強すぎて、とうぶん別の本は読めそうにない。この本が良書かどうかは別として、しばらくは北野武の生み出す世界から抜けられそうにはない。
    『Kitano par Kitano-北野武による「たけし」』は、仏人ジャーナリストのミシェル・テマンが五年間に渡って北野武にインタビューし、生い立ちから現在までの軌跡、映画、メディア、女性、政治、支援活動…、あらゆる北野武の思想と行動を徹底的にさらけだしている。
    北野武はよほどこのフランス人ジャーナリストを気に入って、信頼しているのだろう。非常に饒舌だ。日本で出版された他のたけし本ではありえないほど、内容が濃い。日本ではこういう本は作れないのか? 北野武がフランスを愛するのがわかる気がする。
    この本は北野武が日本語で話し、それをベナン人のオスマン・サンコンがフランス語に通訳してテマンに伝え、テマンがフランス語で書き、それを松本百合子氏が翻訳している。
    こうした複雑な多重性を持っているためか、インタビュー本でありながら、非常に虚構性を感じさせる本になっている。それは、ここに書かれていることが、どこまで正確に北野武が最初に話した言葉のままなのかがわからないところがあるからだろう。そのために、虚構と事実がどちらともつかず、からまりあって提示されているような不思議な感覚を持たされる。そしてそれが却って、もっとも北野武に近づいたような錯覚を与えられるのだ。
    この錯覚を解くためには、とにかく北野武の言葉を聞き、映画を観続けていくしかない。
    わたしはすっかり北野武の術中にはまりこまされたようだ。

  • フランス人記者による北野武へのインタビュー記録。たけしは日本の有名人だが、フランスでも映画監督として著名であることがわかった。私は今までに北野武が書いた本を読んだことがあるが、大きな事件や事故、そして映画監督としての成功を経て人生観が変わったように思う。挫折してもしぶとく這い上がってくる北野武の気概、根性、バランス感覚には感銘を受けた。ただし、中国、北朝鮮、韓国びいきの考え方は、左翼的で対象国のコントロールを受けているような感じがした。

  • 北野武の全て。また彼の作品が観たくなった!今夜は「座頭市」かなあ?笑

  • すごい面白かった。話すリズムがとっても気持ちいいんだ。粋な江戸っ子みたいな感じでさ。
    辛辣なことを言ったりするんだけど、心の底は優しさの海が広がってる。だから、憎まれない。

    フランスにぴったりはまる。
    個人主義で、話し好きで、自分の主義主張を持っているところ。

    インタビューなんだけど、小説って感じもする。
    とにかくセクシーだよ。
    根底に流れる、照れ屋なところがいちばんの魅力。

  • 斎藤環さんの解説が良かった。多くの人は、ビートたけしを知っていて、北野武のことを知らないのだろうけど、俺は自称元キタニストなので、結構知っていることがたくさんあって、あまり新鮮味はなかった笑。
    でも自分の映画作品を解題しているところは、結構面白かったし、自分がキタニストではなくなったあの三部作あたりのことも面白かった。
    しかし、久石譲さんとのタッグを解消したところの話は「へぇ〜」だった。でも、それで良かったのだと思う。『座頭市』に譲さんの音楽は似合わない気がするし(鈴木慶一の音楽とタップダンスは良かった)、三部作はもってのほか。『アウトレイジ』も譲さんの音楽ではないと思う。

  • 希代の天才。。

  • 重複する部分はあれども興味深い話の幾つか。

  • この人の映画を見た事が無いので想像できないのですが、政治に対してとか外交に関してなどの意見は稚拙な印象を受けたので敢えてこんな言い方をしているのか何も分かってないのか…でも年配の方だし分かってないってことはないと思うんだけどな。でもこの人をもっと知りたいというところに持っていかれはしなかった。

  • 北野武に密着取材した、フランス人ジャーナリストによる著書。元々はフランスで出版され、日本語に翻訳されたもの。

    自らの生い立ち、青年時代、そして映画論、メディア論、政治や格差問題について、独自の視点から語る。

    北野武はこれまでも連載の単行本などを多数出版しているが、今回は多少、趣が違う。

    海外のファンにとっては、「ビートたけし」というキャラクターは存在しないからだ。

    日本人には決して見ることの出来ない「ビートたけしというフィルタを介さない北野武」の姿が、この本では著されている。

  • 僕の最も波長の合うアーティストは、漫画家・新井英樹さんとこの北野武(ビートたけし)さんなんですけど、ここまで濃い生の言葉ってすごい嬉しくなっちゃうよな。影響された映画が一番興味があって、真っ先に読んだんですけど、それ以上に引き込まれたのは政治関係のお話でした。「ここが変だよ、日本人」をきっかけに知り合ったゾマホン(二代目そのまんま東)から提起されたアフリカの問題とチャリティの欺瞞。コメディアンっていうのは社会的な特別なズレた位置にいて、どんな毒舌の社会風刺をやって茶化すことができる。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ビートたけし。1947年、東京都足立区生まれ。72年ツービート結成。89年『その男、凶暴につき』で映画監督デビュー。97年『HANA-BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。著書多数。

「2020年 『浅草迄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野武の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×