華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

著者 :
制作 : 山本ゆり繪 
  • 早川書房
4.22
  • (133)
  • (133)
  • (43)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 836
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152091635

作品紹介・あらすじ

ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。未曾有の危機と混乱を乗り越えた人類は、再び繁栄を謳歌していた。陸上民は残された土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は海洋域で「魚舟」と呼ばれる生物船を駆り生活する。陸の国家連合と海上社会との確執が次第に深まる中、日本政府の外交官・青澄誠司は、アジア海域での政府と海上民との対立を解消すべく、海上民の女性長・ツキソメと会談する。両者はお互いの立場を理解し合うが、政府官僚同士の諍いや各国家連合の思惑が、障壁となってふたりの前に立ち塞がる。同じ頃、「国際環境研究連合」はこの星が再度人類に与える過酷な試練の予兆を掴み、極秘計画を発案した-。最新の地球惑星科学をベースに、地球と人類の運命を真正面から描く、黙示録的海洋SF巨篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「多くの陸地が水没した…」世界の話、なんて聞くと、それがどうした、程度に感じる設定だけど、これが想像を絶する過酷さ。
    青澄公使のストイックさ、タイフォン大尉の侠気にシビれる!
    ラストも余韻を残して、意識が遠く未来、宇宙へ翔ばされる、SFの快感。

  • 何か面白いSF無い?と問われたら、目下一択で挙げたくなる作品。
    ファンタジーとも取れる設定は骨子がしっかりと設定されていてご都合主義に流される事無く、むしろ冷徹である程。
    厳しい自然界を生き抜く陸上人と海上人の生き様を、これまた厳しく描く。
    設定はゴツいSFではあるが、メインはその中で生きる外交官の「言葉」による交渉という。
    筆は頗る走っていて上田さんらしい冷静さが際立っていますが、
    とにかく登場人物が誰もかれも魅力的なのも素晴らしいです。
    青澄とマキが素敵。タイフォンと燦も素敵。桜木さんも素敵。
    最後まで読み終えてしまうのが惜しいくらいでした。

  • 面白かった。

    SF的主題はカタストロフィへの戦いになるのだけれど、主人公が外務省の役人で、外交がドラマの舞台になっている。その交渉的戦いが良く書けていてずっと飽きさせない。そきちんと人間が設定されていて、それを表に出さないでいる人間の言動にリアリティが感じられる。

    陸と海の社会が対立的で、主人公は陸にいながら海を対等な相手として見られる人物である。
    なので、その視点に引きずられて海の社会の生態の特異性にまず惹かれる。海の人は双子で生まれ、片方は人、片方は魚船という船・居住区・魚を兼ねたような生き物として誕生する。魚船は生まれるとすぐ海に放され、成長できるまで生き延びた者が帰ってきて人とまた出会うとパートナーとなる。魚船がパートナーと出会えないと獣船という存在となり、人に害をもたらす大きな獣となる。
    その社会の不思議さに思いを馳せて物語を読み進めていくので、最後の方になるまで気付けなかったのだけれど、陸側にも似たような生まれた時からのパートナーが存在する。そちらはアシスタント知性体といい、小さなときから共に育つAIだ。

    AIが一人の人とセットで成長し、その身体情報や感情をFBされ得るという事自体、人工知能の設定として興味深いのだけれど、遠いギリシャ神話時代から人生のパートナー/運命の片割れ、は大きなテーマの一つだ。
    現実ではそれは自分の外に理想として求めていると思う。でも本当は、それは自分の心の内にこそ存在する。ユング心理学の影(シャドウ)がそれで、それは自分のコンプレックス、生きる内で、人生の岐路に、選択することのできなかった可能性だ。この物語ではそれを形にし、人格を与えることで、一つの人間にとっての大きな可能性を語ることができる舞台が作られている。

    著者は狙っているのか、それともその物語に美しさを感じて自然に書いているのか、分からない。もう一つ読んだ短編はAIの物語を更に深めたもので、アシスタント知性体と自己の電子的コピーと純粋AIに関しては、著者が日常的に考察しているテーマなのだろうと思うけれど、魚船の設定もパートナー的で、なんだかそれだけではない著者独自のロマン(またはコンプレックス)を感じる。


    ・「だから、あなたをきちんと育てて、ひとりで生きていける大人にして、きっちりとお別れをする…。それだけで彼は、自分の罪をほんの少しだけ償える。心が救われるの。少しだけ幸せになれるのよ」
    「本当に?そんなことだけで?」
    「ええ。それは彼の心の中に、きっと温かい灯をともすでしょう。たとえこの先、どんなにつらいことが待ち受けていても、エドはそれを頼りに耐えていけると思うわ」

    ・《人間は劇薬と同じだ》
    《劇薬?》
    《その人物が置かれている立場によって、毒にも薬にもなるという意味だ。当人の本質が善か悪かなんて、まったく関係がない。ある立場の中でどう振る舞うか、他人がそれをどう見るか―その違いだけだ。本人が薬だと思っているのに、周囲から毒薬認定される場合もある。逆も同じだ。ある程度以上の地位にあり、多少は頭が回る人間なら、言葉にも二重三重の意味を含めるはずだよ。ストレートに受け止めない方がいい》

  • 積読状態のうちに文庫落ちしてしまった。短編「魚舟・獣船」と同じ世界の長編。

    日本沈没より大きなスケール(スーパープルームで海面が200以上上昇し世界が水没)の災害に立ち向かう報われない官僚(眉村 卓の司政官シリーズを思い浮かべる)を描くスケールの大きな作品。

    なにせ、プロローグで、近未来日本の居酒屋で研究者が地殻の新たな動きについて激論を戦わせていたとおもったら数ページ後には数百年たっていて白亜紀並みの海面上昇で世界は破滅、人類は種としても遺伝子改造して環境変化に対応しているのだ。

    さらに続くスーパープルームの災厄で人類の滅亡は確定。その中でも必死に生き残る道(もはや人間とは呼べない姿になるが)を探して奮闘する官僚。

    情け容赦無い状況を作り出す作者。すさまじいです。

  • 陸地の多くが水没した25世紀の地球で、人々は新しい環境に適応しながら繁栄をしていた。が、再び地球の大異変が予測され、様々な権力の思惑が入り乱れるなか、主人公である外交官が人類の滅亡を阻止するために奔走する。

    別の作品で直木賞候補となり初めて知った作者、図書館にあったものを借りてみたのだが、ここまで本格的な設定のSFを読むのは久し振り。科学的な説明の部分は苦手なので飛ばし読みしていたが、それも最初のうちだけで、あとは壮大なドラマに引き込まれた。
    それにしても、遺伝子の改変で海上に棲むようになった人々や、脳波で通信し精神や肉体までもコントロールするAIパートナーなど、現代の科学をベースに作り上げた架空の設定は興味深い。さらには、いつの時代も変わらない愚かな権力争いなども加わって、特殊な設定頼みの味気ないSFではなく人間味を帯びたスケールの大きな物語として堪能することができた。
    ただ、長編で登場人物が多いため、忘れっぽい私には人物一覧があるとよかったな。

  • 非常にダイナミックながらも緻密に構成されたSF大作。
    海面上昇により大部分の陸地が水没した地球。陸上民・海上民に分かれ独自の進化を遂げた人類。どこかファンタジーな雰囲気もありながら主人公・青澄を中心とした濃密な人間ドラマが展開されている。
    「滅亡の危機が迫る時、人は何ができるのか」を訴え、なおかつ純粋にエンターテイメントとしても楽しめる一冊。

  • ホットプルームによる大規模な海面上昇後の地球が舞台。外洋公館に勤務する外交官・青澄はアシスタント知性体・マキと共に陸の国家連合、政府と海上民との対立を解消するべく多忙な日々を送っていた。

    海上民の女性オサ・ツキソメとの会談をするも、政府官僚の思惑や国家連合の介入、他政府による海上民排除、さらには地球惑星科学的な大激変の予兆と人類存亡をかける極秘計画。青澄達は翻弄されながらも、日本政府、海上民、人類全体にとってより良い方向になるように奔走し交渉していく。

    青澄公使や、前線に立ち海軍による海上民排除をさせないよう内側から動く海上警備隊のタイフォン上尉など、大きなものに巻かれず自分自身の信念に従って行動する生きざまが格好いい。そして青澄達外交官が行う交渉での駆け引き。真意の読み合いがスリルがあり面白い。人工知性体やネットワーク、遺伝子改変等も興味深く、科学技術の進歩で将来このような社会になりそうだなというのも感じた。

    地球規模の異変や大量絶滅と科学技術、人間同士の駆け引き、海洋、アクションが織り込まれた緻密な構成で読みごたえがあり、非常に面白いSFだった。

  • これは私たちに残された、最後の知性だ。…上田早夕里「華竜の宮」一気読み!久しぶりに初見大会で大当たり出して、いい気分( ̄▽ ̄)。

    SFの面白さ。オリジナリティの高い物語であればあるほど、読者をその世界に引きずりこむためのディテールの説明は欠かせない。それをいかに魅力的にこなすかが、SF作家の腕と言っても過言ではないと思う。上田早夕里は、それにちゃんと成功している。

    銀座の居酒屋で、じわりと着火した科学者の不安が、一息に現実化していくのに魅了されていたら…ええ、これがプロローグ(((((;゚д゚))))…なんて圧倒的!

    メインの語りの視点が、主人公のアシスタント知性体というのがまた面白い。人間という知性体の思考について、彼は「それを音楽のように聴いている」と言う。それは決して綺麗な音楽ではない。音程は外れ、リズムは乱れ、しっちゃかめっちゃかで、どうしようもないものだ。けれども君の中にあるそれは、確かに、人間にしか作れない音楽だ。人はそれこそを感情と呼び、疎ましく感じながらも、愛おしく思う…。

    結局、滅びしか待っていないのだとすれば、人類はその生きる意味を、終局までの道程に見出すしかない。その道程から、どれほどの苦悩を取り除けるのか…。そこが人類の知恵の見せ所だな。海上民ウツブシの言葉がじんわりと染みる。

    ヒトが持つ愛情と知性、傲慢さと利己主義とを、ダイナミックな黙示録に乗っけて描いた大作。とっても面白かった!結構な薀蓄量なのに、全くナナメ読みせずにすんなり頭に入ったぞ。雪風は5回以上読み返して、ようやく細部まで理解したがな…(笑)。メカニックな方向より、地学や生物学の方が飲み込みやすい私の脳味噌。うん、他の作品も読んでみようと思います。

  • 陸の大半が水没し人類の危機を乗り越えた後の世界で繰り広げられる政治劇、虐殺、そして新たなる人類滅亡の危機に対して人類はどう立ち向かうのかという壮絶壮大なストーリー。未来の自然、科学、社会構造などあらゆる点で隙がない世界観の創り込みには驚きです。魚舟獣舟でパティスリーシリーズみたいな作風よりSFに一層光る物を感じてましたが、思った以上です。「海上民からは必ず人と魚舟がセットで生まれ、魚舟が成長し海から戻ると魚舟の上やら中やらで人々が暮らす」などという突飛な発想が、全然ウソ臭くなくリアルなのが凄すぎです。

  • 地球上の話だが壮大。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/10466818.html

  • 壮大である。
    壮大であり、緻密であり重厚であり…硬質的に美しい物語。

    人間と人間でないものの在り方、人間と人間の在り方、からだとは、こころとは、繋がりとは、世界とは…
    そんな果てしないものを考えさせてくれると同時に、誰かと、何かと、気持ちが重なるということ、思いのために生きるということも、考えさせてくれる。

    地球が滅び、人類が滅びゆこうとする中で、描かれるのはスーパーヒーローではなく、傷を抱えてあがく人間であり、思惑と切望であり、異なる姿形で生きるものたちの交感である。

    生きることに清濁はない。
    生まれたから生き、生きたいから殺し、そして、生まれた以上は死んでいくのだ。

  • 確かに名作である。天変地異により様々な社会環境が今とは大きく変化した未来を描く。遺伝子操作、科学技術といった進歩的な側面とともに、参与観察の成果のような海上生活と陸上生活の描写が物語の面白さを促進させる。そして、それすら凌駕していく自然環境の重厚さは、主人公が外交官であるにも関わらず社会にすれていない不自然さを消し去っている。物語の終わりはこれほどまでに絶望的であるにも関わらず、読後感の爽快さを導き出せたのは見事と言うほかない。

  • 未来SFの話の中に、今の決めれない優柔不断な日本の姿が、ちょっぴり描かれていたり、主人公の知力、体力を絞りきっての交渉術が、リアルに現在とリンクする。

    スマートフォンが究極に進化していくと、アシスタント知性体になるのだろうか?クラウドと繋がった、強化されたai機能を持った機械が、脳に入ってくる世界は、楽しみでもあり、怖くもある。

  • ほろびゆく地球。その前に、無力な人間達。
    でも、そんな中でも、できることはある。
    そう思わせてくれる小説。
    筆者の圧倒的な筆力に脱帽。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「圧倒的な筆力に脱帽。」
      上田早夕里はタイトル買いした「リリエンタールの末裔」を積読中。此方も気になるタイトルだなぁ、早く読まなきゃ!
      「圧倒的な筆力に脱帽。」
      上田早夕里はタイトル買いした「リリエンタールの末裔」を積読中。此方も気になるタイトルだなぁ、早く読まなきゃ!
      2013/08/17
  • 華竜の宮。というタイトルから連想される華やかさやファンタジックな設定とは全く違い、人類が滅亡へと足掻く中で、それでもなにかを成し遂げようとする、その姿を真摯に描いた作品。
    昨年、日本SF対象受賞作だが、著者は最後まで小松左賞を受賞し作家としてのスタートを切ったことを、誇りにしていたようだ。
    その意味からしても、この作品は、十分にその賞に意味があったことを、少なくともこの作家を、この作品を生み出したことの意味を確信させられることとなった。

  • とても壮大で読み応えのあるSF小説(なんたって586ページで2段組)。
    作りこまれた世界観の美しさが印象的です。
    個人的には、面白くて一気読み!という感じの本ではなく、じっくりと作品世界に浸る感覚が楽しめる感じの本だったと思います。

    急激な海底隆起によって陸地がほとんど水没した25世紀の地球が舞台。
    そこでは、残された土地と海上都市に住む高度な科学技術をもった〈陸上民〉と、広大な海で〈魚舟〉と呼ばれる生物船に乗って自然の中で生きる〈海上民〉がお互いに住み分けて暮らしています。
    やはり豊かな社会に生きる〈陸上民〉の方が、厳しい環境の中で生きる〈海上民〉よりも権力を持っており、そんな両者の政治的な対立がとてもリアルに描かれています。

    とにかく凄いと感じたのは、細かく作りこまれた舞台設定。〈陸上民〉は〈アシスタント知性体〉という人格を持つプログラムを脳内に介入させて高度な情報ネットワーク社会を実現させていたり。
    〈海上民〉は〈魚舟〉という生物船(一体どういう構造になっているのか、ちょっと想像できませんでした。クジラみたいな感じなのかなぁ?)を唄で操って生活していたり。
    さらには、〈魚舟〉が変異した〈獣舟〉という獰猛な生物が地上に上がってきて人を襲ったり。・・・と色々細かい設定が満載。

    正直最初は、設定(特に科学的な説明部分)を理解するのにいっぱいいっぱいで挫折しかけました。
    でも慣れると、この世界観、ハマります。

    重厚な舞台設定もさることながら、この小説は政治的な駆け引きもかなり深いです。
    物語の中心人物が外交官なので、各方面の様々な思惑が入り乱れて世界が成り立っている様子がよく分かります。
    彼がこの物語の中で人類のために成し遂げたことは、その後人類が直面する世界レベルの危機の前ではほんの小さなことに過ぎません。
    そんなわずかな努力ですら、利己的な政治上の理由によって妨害を受け、思うようにならない様を見ていると、結局人間は大きな危機を前にしても足を引っ張り合うことしかできないのだろうか、と悲しい気分になります。
    でも、きっとそんなことはないはず!と信じたくなるラストの描き方には胸が熱くなりました。

    この物語は、日本の外交官である青澄、海上民の長の女性・ツキソメ、海上民でありながら陸上民の政府機関に関わるタイフォンなど様々な立場の人物の視点から描かれています。
    しかし物語全体を通して考えると、主人公は青澄のパートナーであるアシスタント知性体のマキだろうと思います。
    人間ではないマキの視点を通しているからこそ、「人類」という地球で生きる一つの生物が絶滅の危機を前に、種の存続を図ろうとあがく姿を鮮烈に感じられた気がします。

    この作品を手に取ったのはたまたまで、この作家さんも今まで知らなかった方なのですが、どうやらこの作品は『SFが読みたい!2011年版』というランキング本で国内篇1位だったそうな。
    結構SFの世界では有名な作品だったのですね…。

  • 読了してしばらくたった今もまだ思い出す度に興奮する。
    今まで読んだSFの中でもトップに近い!好みの作品。

    未来天変地異が起きた後の地球の物語。

    なにより異形の造形、袋人、ルーシィ、…一枚の絵画のごとくシーンが映像となって文章からこぼれ落ちてくる。
    ただのパニックものではなく官僚・外交官の交渉、末端の人々、獣舟、魚舟、生きるすべてのものが問い掛けてくる。
    滅びを前にどうするのか。
    どう生きるのか。どう繋ぐのか。
    圧倒された。

    人間と知性体との関係もすごく好みなので、この設定でまた読みたい。

  • 陸地のほとんどが海に沈み、少しだけ残された陸地に住む陸上民と遺伝子を変え魚舟と共に暮らす海上民。同じ人でありながら、独自の進化により生き方も生活も違ってしまった人々の葛藤に、外交官青澄が立ち向かう。
    世界観がかなり作り込まれており、長いのに引き込まれる。本当にこうなってもおかしくないなと感じる(さすがに魚舟はやりすぎか)。しかし、よく考えれば、地域や人種や宗教で衝突が起こっている現在と、実際にはそう変わらないのかもしれない。結局は、自分のコミュニティと相手のコミュニティを分ける基準が変わるだけのことで。

  • 25世紀の地球を舞台とした海洋SF。魚舟と海上民の設定がすごく魅力的だった。操舵の歌の響きや強烈な潮の香りのイメージが鮮烈。このうだる夏によく合う感じ。人間以外のいろんな生命のありようへの平等な視点も好ましかった。

全152件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

上田早夕里の作品

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする