伊藤計劃記録:第弐位相

著者 :
制作 : 早川書房編集部 
  • 早川書房
3.70
  • (12)
  • (27)
  • (24)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 361
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152092014

作品紹介・あらすじ

死の直前まで綴られたブログ原稿の抜粋を中心に同人短篇、エッセイ、コミックまでを集成。2年にも満たない短い執筆期間のなかでフィクションの枠組みそのものを変えた、稀有な作家の生の声を精選する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊藤計劃氏の書籍未収録作品を集めた記録集第2弾。小説2篇、散文2篇、原作漫画2篇に、「はてなブック」の記事を収録。

    「虐殺器官」、ノベライズ「メタルギアソリッド ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」、「ハーモニー」。いずれの長編も、「わたし」という一人称で語られる。

    ただ、ここに収録された2つの短編はいずれも三人称。「フォックスの葬送」は「メタルギアソリッド」のその後の世界を描き、「Haevenscape」は「虐殺器官」の原型である。

    一人称の語りは、これらの習作を経て完成されたものなんだろう。

    どこで読んだかは忘れたが、伊藤氏は「どの物語も、誰かの物語である」というような趣旨のことを書いていた。

    その人の物語であるならば、一人称が一番書きやすいし、読者にとっても読みやすいはず。なるほど、筋がしっかり通っている。

    扉ページを開くと、こんなことが書いている。

    「これがわたし。 これがわたしというフィクション。 わたしはあなたの身体に宿りたい。 あなたの口によって更に他者に語り継がれたい」(伊藤計劃「人という物語」)

    記録集の中で半分以上を占めるのが「はでぶ」の記事。早書きとして知られたそうだが、ブログ記事量も半端ない。映画鑑賞の記録が多くを占めるが、時折、闘病や執筆状況などを伺うことができる内容がある。

    白血球の数値減少、抗がん剤の投与、肺の切除手術、がんの転移…。壮絶な闘病生活を送っていたことが分かる。しかし、弱音を吐くことはほとんどなく、クールに面白がったりもする(少なくとも表面上は)。

    そんな中、少しでも長く生きたいと願いながら、凄まじい量の映画や本をインプットして、3本の小説としてアウトプットしていった。

    この記録集は34才で命を散らした、伊藤計劃という作家の「物語」である。

  • もちろん読書量も映画を見てる量もオイラとは段違いではあるんやけど、ツボが近いと言うか、戦争広告代理店、戦争請負会社からのジム・クレイスとか、善き人のためのソナタとか、痒いところに手が届き過ぎる。この人がもういないとか読みながら気付いた時がツラすぎた。この先もこの日記を見ながら本読んだり映画見たりしたかった。

  • SF

  • 今朝送られてきたHayakawa Online Newsで発売を知り、急いで購入。
    でも、まだ実は前作の『伊藤計劃記録』も読めていない…。

  • 2011-4-24

  • 2018年10月3日、伊勢BF

  • 他の作品はみんなどこかで読んだものばかりだったけどブログが圧巻だった。これでも結構削ってるみたいだから読みたいけど、こういうのはなんとなく紙媒体で読みたかったなあ…。他と被ってる作品じゃなくてブログ全部載せて欲しかった…。

  • 2015.10再読。
    ブログが好きだったのでそれ目当てで買ったんだが、明らかにだいぶ削られている。しかも取捨選択の基準が不明。まあ、ウェブ上にまだ残っているからいいか。
    マンガはプロレベルではないと思われるが(絵柄は端正ですが)載せられてしまっていて、作者本人的にはどうなのだろうか。

  • 2013/01/30
    自宅

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤計劃の作品

伊藤計劃記録:第弐位相を本棚に登録しているひと

ツイートする