ぼくは上陸している (上): 進化をめぐる旅の始まりの終わり

制作 : 渡辺 政隆 
  • 早川書房
3.14
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152092311

作品紹介・あらすじ

生きものは進化によってつながっている-人文学への深い造詣を織り交ぜ、進化生物学の真髄を語り続けたグールドの最後の科学エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • I Have Landed:
    The End of a Beginning in Natural History ―
    http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/116563.html

  • ここまで読んできたファンであれば締めとして、そうでなければ、ちょっと、とっつきにくい題材が多い。

  • 全然面白く無かった。。。進化論に関して綴ったエッセイらしいのだが、もともと別の書籍に投稿していたものを再編したそう。それぞれの章ごとのつながりがあまりわからず、文章が読みにくく、しかも話があっちこっちに飛躍する、理解するのが大変。あと人の名前の紹介が多い・・・。知的なおしゃべり、といった感じ。全然読めなかった。

  • 生物学ではなく、科学的思考・観察の本。安心して読める。グールド最後の本であることが哀しい。

  • 第1部 連続の中断
    第2部 学問間のつながり
    第3部 ダーウィン以前と副産物
    第4部 思想の古生物学におけるエッセイ

全5件中 1 - 5件を表示

スティーヴン・ジェイ・グールドの作品

ぼくは上陸している (上): 進化をめぐる旅の始まりの終わりを本棚に登録しているひと

ツイートする